ピクシブ百科事典

久邇宮邦彦王

くにのみやくによしおう

久邇宮邦彦王とは日本の皇族、陸軍軍人。
目次[非表示]

概要

久邇宮朝彦親王の第三王子、明仁上皇の外祖父。

プロフィール

続柄久邇宮朝彦親王の第三王子
身位
敬称殿下
出生1873年7月23日
死去1929年1月27日
配偶者島津俔子公爵島津忠義の八女)
子女朝融王邦久王良子女王信子女王智子女王邦英王
父親久邇宮朝彦親王
母親泉万喜子
役職元帥陸軍大将


経歴

邦彦王は朝彦親王の第三王子として誕生、本来は邦憲王久邇宮を継ぐ予定だったが病弱だったことで久邇宮の後継者となる邦憲王は賀陽宮を創始した。明治24年(1891年)に朝彦親王が薨去して久邇宮を相続し明治29年(1896年)陸軍に入り陸軍士官学校を卒業して陸軍士官となる。明治35年(1902年)陸軍大学校を卒業し明治37年(1904年)に日露戦争に参加。その後歩兵少佐、明治43年(1910年)歩兵第38連隊長、大正6年(1917年)に第15師団長、大正7年(1918年)近衛師団長、大正8年(1919年)軍事参議官に就任した。昭和4年(1929年)に薨去。最終階級は元帥陸軍大将。

系譜

父:久邇宮朝彦親王
母:泉万喜子
妻:島津俔子公爵島津忠義の八女)
第一王子:朝融王
第二王子:邦久王(臣籍降下し久邇家を創始し侯爵に叙爵)
第一王女:良子女王昭和天皇皇后
第二王女:信子女王伯爵三条西公正夫人)
第三王女:智子女王(東本願寺伯爵大谷光暢夫人)
第三王子:邦英王(臣籍降下し東伏見家を創始し伯爵に叙爵その後青蓮院門主)

外部リンク

久邇宮邦彦王 - Wikipedia

関連タグ

皇族 宮家 久邇宮

関連記事

親記事

久邇宮 くにのみや

子記事

兄弟記事

コメント