ピクシブ百科事典

井吹宗正

いぶきむねまさ

『イナズマイレブンGOギャラクシー』の登場人物。
目次[非表示]

CV:鈴木達央

概要

月山国光中出身。2年生。新生イナズマジャパン(後のアースイレブン)の正ゴールキーパーを務める。

元々は全国クラスの実力を持つバスケットボールプレイヤーであり、生まれ持った長身と凄まじい反射神経が特徴。

一方、プライドが高く負けず嫌いな性格でもあり、中学から始めたバスケでは井吹自らの活躍によって勝利を繰り返してきたが、仲間と一切の連携を取らず、練習も常に1人。半ば孤立状態にあった。
仲間たちはそんな井吹の勝手なペースに追い付けず、井吹との分裂が原因で月山国光チームは連敗を強いられてしまう。

そんなある日に黒岩監督が現れ、海外のバスケットチームに留学することを条件にイナズマジャパンへの加入を決意。
「キーパーはフィールドに1人しか居ない、1人だけでゴールを守れるポジション」という理由で、自らキーパーのポジションを志願したらしい。
そういった意気込みも有ってかTVアニメでのセーブ率は当時の円堂守(GOギャラクシーより後の新作のアレスの天秤以降を除く)に次ぐ好成績との調査も出ている。

世界編

「井吹の代わりにゴールを守る」と決めた神童に対しては、常に自分の実力を認めて貰おうとアピールするが、バスケ時代のようになかなか協調性を持てなかったため、神童には認められなかった。
しかし、ストームウルフ戦で敵のシュートを止められない窮地に陥った際、初めて神童に助けを求め、チームの大切さに気付いて考えを改めるようになる。

その後も挑発的で自信家な性格は相変わらずだが、ゲーム中のイナリンクの会話では、非対応で文字化けしてしまうのを知らずに絵文字を使おうとしたり、おばあちゃん子だと発覚したりなど、意外な一面もある。

宇宙編

グランドセレスタ・ギャラクシー3回戦で戦う惑星ガードンでは神童との絡みが多かった。

希望のカケラについて話を訊くため、アースイレブンは3つに分かれて東の種族(機械否定派)の集落を目指すが、道中のアクシデントで井吹と神童の2人だけでフルスの里の長であるログロス・ゴードンの家を訪れることとなった。
ログロスは2人にソウル覚醒のための特訓を仕掛け、実際にソウルを覚醒させることに成功した。

試合には途中参加を余儀無くされたが、神童との連携プレーでアースイレブンを勝利に導いた。

必殺技

ワイルドダンク
ビッグウェイブス戦で初登場。

ライジングスラッシュ
ストームウルフ戦で初登場。

ゲキリンダンク
ファラム・ディーテ戦で初登場。

3つとも風属性。

ソウル

マンモス
アースイレブンのソウルの中では唯一の絶滅種である。
宗正(MuNeMaSa)という名前もマンモス(MaNMoSu)の捩りのようだ。

余談

井吹の声を演じた鈴木達央は、劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来エスカ・バメルの声を務めていた。

関連イラスト

GALAXY!
ペンギンと宗正くん


井吹くん



関連タグ

イナズマイレブンGOギャラクシー 新生イナズマジャパン アースイレブン

関連記事

親記事

アースイレブン あーすいれぶん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「井吹宗正」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5073712

コメント