ピクシブ百科事典

何も見たくねえ…

なにもみたくねえ

藤本タツキの漫画『チェンソーマン』に登場する岸辺の台詞

漫画『チェンソーマン』に登場する岸辺隊長が放った一言。

このキャラクターの台詞に対するインパクト・(その状況の悲惨さによる)読者の強い共感が、大きく反響を呼んだ一言。

ネット上では、直視がつらい出来事などを前に、この台詞・または岸辺の画像がしばしば引用されている。





概要も見たくねぇ…


(軽微なものですが)状況説明について単行本8巻の内容が含まれます。ご注意ください。











岸辺は、周囲から異常とも評されるほど厳格ながら、実際には人情家の一面がある。

それも合わさって、部下から畏怖を抱かれつつも、信頼を寄せられている、歴戦のデビルハンターである。


しかし、デビルハンターというのは過酷な業界。

新人は数年生き残れたら運がいい方なのだ。

場合によっては、手慣れたハンターでも呆気なく死んでしまう、そんな恐ろしい職場である。

(事実、岸辺の教え子にあたる姫野などは、アキがバディになるまで相方を5人も亡くしている)

そんな地獄のような業界において、岸辺はベテランの実力者なワケである。

どれほどの修羅場をくぐったかは、想像に難くない。

若い頃はヤンチャをしていたようだが、経験を積むにつれ、(増えていく傷痕と比例するように)死んだ魚みたいな目をした様相になっていった。


その結果…

精神を病んでもおかしくないような経験をしても、それを大量の酒で誤魔化し、頭のネジを外すことで耐えているのだった。











センシティブな作品


「何も見たくねぇ…」



この言葉は、そんな岸辺が、ある一件で目隠ししたままの状態で放った。

なぜそんな事を言ったかといえば、布の覆われた先にある、その惨状を察したからに過ぎない。


彼はその後、目隠しをする必要もなくなったにも関わらずなおも目隠しを外さなかった


たった一言のセリフだったが、これは岸辺がとうとう、心の傷とストレスに耐えかねた末の、断末魔に似た感情の吐露といえるだろう。


彼の経歴や目前状況を考えると、岸辺の言葉に表したくないどす黒い思いがじわじわと滲んでくる。

関連タグも見たくねぇ…

チェンソーマン 台詞 目隠し
現実逃避 岸辺(チェンソーマン)

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「何も見たくねえ…」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3629

コメント