ピクシブ百科事典

信濃藤四郎極

しなのとうしろうきわめ

ブラウザゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』に登場する信濃藤四郎の二段階成長した姿。
目次[非表示]

信濃藤四郎(刀剣乱舞)の項も参照。

プロフィール

信濃藤四郎極
刀帳38番
種類短刀
刀派粟田口
刀工粟田口吉光
一人称
身長不明
小林裕介
くにみつ


概要

2017年4月25日のアップデートで実装された「極(きわめ)」の刀剣男士
信濃藤四郎がレベル60以上になり、四日間の修行を終えることによってランクアップが可能になる。レアリティが一段階上がり、装備スロットが2つになった。「極」の特徴として昼戦でも遠戦を避けることがある。

信濃藤四郎が行った先は江戸城
そこで名前の由来となった永井尚政や元の持ち主である酒井忠勝に出会う。
永井尚政との縁は既に切れているようだったが、酒井忠勝に「何かの縁を感じた」と拾われ、庄内藩酒井家へ。そこで修行をすることになる。

2017年5月1日に刀剣乱舞ONLINE運営チームから「信濃藤四郎・極のデザインの変更」について告知され6月13日のメンテナンス後に無事、差し替えられた。

デザイン変更

信濃藤四郎の元の持ち主であり、手紙でもふれられている「酒井忠勝」
実は「酒井忠勝」、この時代に二人居る。
一人は、出羽庄内藩初代藩主の酒井忠勝。
もう一人は、若狭小浜藩初代藩主の酒井忠勝。「伊予札桶側二枚胴具足(酒井忠勝具足)」の持ち主でもある。

実装直後、「信濃藤四郎・極のデザインのモチーフとなった鎧は同姓同名の別人の物ではないか?」とユーザーの指摘を受け、調査の結果、誤発注があったことが分かり、デザインが変更されることになった。

関連タグ

刀剣乱舞 刀剣男士 短刀男士
信濃藤四郎(刀剣乱舞) 極(刀剣乱舞)

グループタグ

粟田口 藤四郎兄弟

pixivに投稿された作品 pixivで「信濃藤四郎極」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6825

コメント