ピクシブ百科事典

元首政治

げんしゅせいじ

ローマニアでアウグストゥスが適用したローマ帝国の共和制の体裁を保ちつつも実質的には完全独裁体制だった政治形態。プリンキパトゥス(RINCIPATVS)とも。
目次[非表示]

概要

ローマニアオクタウィアヌスが適用した『プリンケプス(元首1名)による直接統治』という政治システムである。

かつての共和制と元老院のシステムを破壊はしないが、元老院またローマ国家全域を『調整』する権限を持つローマ元首が情勢に応じて各所を順応させるという政治体制であり、プリンケプスは無冠の皇帝と呼ばれるほど恐るべき権力を持つ役職となった。

『元首政治』確立

共和制の限界

古代ローマの共和政は、ローマが都市国家、あるいは都市国家連合である時代には有効に機能した。しかしながらローマが地中海世界のほとんどを支配する巨大国家になるとシステムとして限界を呈してきた。このような巨大国家の指導者の地位は都市国家ローマの有力者の集まりにすぎない元老院や、首都ローマの市民の選挙によって選ぶ執政官にはとうてい務まらなくなってきてしまったのである。
かといって古代においてこうも巨大化した国家で全国民参加による民主制を実施するなど、到底不可能な事であり、またそのような事は誰も想定すらせず君主制に移行するのはやむを得ない事であった。
しかしながらかつて、『王』という存在を憎みを追放し共和制に移行した歴史を持つ古代ローマでは絶対的だろうが、なかろうが君主という存在は最大のタブーであった。

実際、『内乱の一世紀』と呼ばれる動乱の時期を経て終身独裁官に就任した元老議員カエサルは、その独裁ぶりから『ローマ王』を再興させようとしたと思われて元老院から拒絶されてしまい、共和政ローマの伝統を守ろうとする者たちによって暗殺される事になってしまった。

オクタウィアヌスの登場

その後を継いだオクタウィアヌスは、紀元前27年に元老院より「アウグストゥス(尊厳なる者)」の称号を受ける。
後世ではここでオクタウィアヌスは古代ローマ最初およびヨーロッパ史上最初の「皇帝」となったとしているが、彼自身は建前上は共和政の守護者として振る舞った。
(彼はプリンケプス(第一人者)という言葉で自身の地位を表したとされる。)

オクタウィアヌスは建前としては古代ローマの伝統を墨守し共和政の体裁を守りつつも、一つ一つは共和制的に合法ながら束ねれば皇帝と同様の権限を上手いこと自身が握るような政治体制を確立させた。
このような体制を、後世になって元首政(プリンキパトゥス)と呼ぶようになった。

関連

プリンス・・・王子王太子の意味。語源はプリンキパトゥスから来ている。

コメント