ピクシブ百科事典

初級システムアドミニストレータ試験

しょきゅうしすてむあどみにすとれーたしけん

1994年から2009年4月まで実施されていた、経済産業省主催の国家試験。略称は「初級シスアド」。現在のITパスポート試験の前身にあたる試験。

概要

1994年から2009年4月まで実施されていた、経済産業省主催の国家試験。略称は「初級シスアド」。
基本情報技術者試験およびソフトウェア開発技術者試験(現在の応用情報技術者試験)がプログラマーなどのITエンジニア向けの試験だったのに対し、初級シスアドはあくまでITユーザー全般向けの試験であった。そのため、IT関連資格試験でありながら、マネジメント簿記経営戦略といった商業関連の知識も要求される。
受験者層は高校生大学生専門学校生などが中心だったが、社会人もそこそこいた。

2009年4月をもって廃止。後継はITパスポート試験。(ただし、出題範囲の一部は基本情報技術者試験に移行。)

関連タグ

経済産業省 情報処理技術者試験 国家試験 資格 ITパスポート試験 基本情報技術者試験

コメント