ピクシブ百科事典

ITパスポート

あいてぃぱすぽおと

情報関係の国家試験(情報処理技術者試験)のひとつ。経済産業省主催。
目次[非表示]

概要

日本で最も有名な情報処理資格試験の一つ。こんな名前だが一応国家試験である。略称はiパス(アイパス)。
平成21年度(2009年度)より実施されている情報処理技術者試験の区分の一つ。
試験を実施している団体は経済産業省所管の独立行政法人である情報処理推進機構(IPA)である。英語名はInformation Technology Passport Examination。

情報処理技術者試験には複数の区分があって、基本情報技術者試験などほとんどの区分はシステム開発者(エンジニア)を対象としているが、このITパスポート試験や情報セキュリティマネジメント試験(セキュマネ)のように一般ユーザーを含めた、仕事でコンピュータを利活用する全ての社会人を対象としている。

ITパスポートという名前にも、現代の情報化社会を生き抜くために必要な社会人パスポートという意味が込められている。
コンピュータの知識だけでなく、ビジネスの知識も問われるため、新社会人の教科書とも言われ、新入社員に対してITパスポートの資格の取得を奨励している企業も多い。
また、大学生や専門学校生、高校生などの受験者も少なくなく、特に商業高校やビジネス系の専門学校では、日商簿記検定と並び受験が推奨されることも多い。

入門編(初心者向け)のIT資格としては、ITパスポートの他にも後述するMicrosoft Office Specialist(MOS)やP検、情報検定(J検)などがあるが、その中でもITパスポートは国家試験であるため特に知名度が高い。

イメージキャラクター

一時期、初音ミクがITパスポートのイメージキャラクターに就任したことがある。

現在のイメージキャラクターは上峰亜衣(うえみねあい)ちゃん。
大手商社の経営企画部に勤務する23歳の女の子で、ITに強くなるためにITパスポート試験の受験を決めた。
1回目は不合格だったが、勉強方法を工夫して2回目で合格した。
名前の由来は「情報」「I(nformation)ないしI(ntelligence)」であろう。

試験の難易度

IPAが定めた試験制度では、最もランクの低いスキルレベル1に相当する区分である。
ちなみに基本情報技術者試験および情報セキュリティマネジメント試験(セキュマネ)はレベル2、応用情報技術者試験はレベル3、ネットワークスペシャリスト試験やデータベーススペシャリスト試験などは最高ランクのレベル4である。

表向きではITパスポートは一般ユーザー側の試験、基本情報技術者試験エンジニア向けの試験といわれ、そもそも方向性が異なる、ということになっている。
…が、実際にはスキルレベルの関係上、事実上の基本情報技術者試験の下位互換と言われてしまうことも少なくない。

この試験の前身として、同じユーザー側の区分だった初級システムアドミニストレータ試験初級シスアド)というのが昔実施されていたが、ITパスポートはその初級シスアド(合格率は例年30%くらい)よりも難易度が低くなっている。
※初級シスアドは2009年(平成21年)4月の試験を最後に廃止された。

合格率は例年だいたい40〜50%くらいであり、国家試験の中では自動車運転免許と並び簡単な部類である。また、日商簿記検定の3級と同じくらいの難易度と言われており、日商簿記2級よりは簡単とされる。

ただ、一応腐っても国家試験なので、今までITに触れてこなかった素人が学校の定期(期末)テストみたいに一夜漬けないし数日詰め込んだ程度で合格できるほど甘っちょろくはない。
ガチのIT初心者なら数ヶ月程度は集中して対策する必要がある。また、後述するように出題範囲は意外と広いので、内容自体は基礎レベルで浅いとはいえ、覚えることは結構多い。

ちなみにこの試験は社会人大学生の合格率は60%近くあるため結構高い。が、高校生の合格率は30%台と低く、実は高校生以下の学生にとってはなかなか難しい試験となっている。理由は後述する。

余談だが、意外にも、IT業界でない企業に勤務している社会人のほうが、IT企業勤務の人よりも合格率が高いらしい。
これは非IT系の人はちゃんと勉強してから受験する場合が多いため。逆にITエンジニアでは余裕こいてちゃんと勉強せず、思わぬ所でつまづき不合格になってしまう場合もあるよ。

評価

ITパスポートは一応国家資格なので、必ずしも評価の低い資格とは言い切れない。
試験に合格すれば、IT業界以外なら履歴書にも堂々と書ける。業務の一環でパソコンを触る程度の職種、事務職などならこれでも十分アピールポイントになる。
特に就職活動を控えた文系大学生の場合、TOEIC日商簿記検定と並びオススメの資格と言われることも多い。

また、

など、意外とメリットの大きい資格でもある。

ただし、逆にIT業界では鼻で笑われるようなレベルなので、この程度の資格だけでシステムエンジニア(SE)やプログラマーに応募するぜ!なんてやらないように。
IT業界(特にエンジニア方面)で給料をもらいたければ、大変だろうが最低でも基本情報技術者試験に合格しておきたいところ。
公務員の技術職でも基本情報技術者試験以上の合格者が応募条件になっており、ITパスポートは対象外であることが多い。

出題範囲

ITパスポート試験で出題される分野(科目)は以下の3つである。

テクノロジ系

情報技術についての知識を問われる理系分野。
コンピュータシステムハードウェアソフトウェア)、セキュリティネットワークデータベースなどから幅広く出題される。
最近はセキュリティに関する内容が比較的多く出題されているらしい。
アプリケーション表計算ソフト)の使い方についても出題される。

あくまで一般ユーザー側の試験なので、エンジニア向けの基本情報技術者試験のような難しい内容は問われない。情報系の学生やIT企業に勤務している人なら楽勝な分野だろう。
が、普段パソコンスマートフォンなどをあまり触らないIT音痴の人だと結構苦戦する分野でもある。ただ、内容自体は、高校情報教科書に毛が生えた程度の基礎的なものなので、ITの素人でもちゃんと勉強すれば理解できるようにはなる。

マネジメント系

主に仕事をする上での基本について問われる文系分野。
以下のような内容が問われる。

  • プロジェクトマネジメント
スケジュールや予算、人材などの管理手法について問われる。

  • サービスマネジメント
情報サービスの運用品質管理について問われる。

  • システム開発
IT企業ではどのような仕事が行われているかが問われる。
あくまで一般ユーザー向けの試験であるため、基本情報技術者のような難しい内容は問われず、基礎的な内容に留まる。

ストラテジ系

主に経営戦略企業活動といったビジネス経営学)関係について問われる文系分野。

この分野は情報系の学生やパソコンに詳しい人でもちゃんと勉強しないと点数が取れないため注意が必要。特に学生時代、社会科地理歴史公民)の暗記が苦手だった人にとっては中々大変な分野である。
社会人大学生ならそんなに苦労しないと思われるが、ビジネスに疎い高校生にとってはなかなか難しい分野である。高校生のITパスポートの合格率が低いのはこのストラテジが原因。

簿記会計の計算問題もある。ただしレベル的には日商簿記検定3級よりも簡単なのでそれほど恐れる必要はない。
セキュリティ企業活動に関する法務についても問われる。

ちなみにストラテジ(strategy)とは、戦略を表す英単語のことである。

試験形式

4択問題が100問出題される。これを2時間(120分)かけて全部解答することになる。
分野別の問題数はテクノロジ系から45問、マネジメント系から20問、ストラテジ系から35問となっている。
ただし100問のうち8問(テクノロジ系3問、マネジメント系2問、ストラテジ系3問)は採点対象に含まれず、実際に採点されるのは92問(テクノロジ系42問、マネジメント系18問、ストラテジ系32問)となる。

試験時間は一見、長いように見える。たしかに大学受験などを経験していない人だと長丁場に感じるかもしれない。
だが実は問題数が多い割にはそれほど試験時間は長いわけではない。1問あたりで考えるとたったの1分12秒(72秒)しかないのである。
一応早く終われば途中で退席することも可能だが、途中で帰る人は少ない。

ITパスポート試験では基本情報技術者試験や初級シスアドなど他の区分の午前科目に相当する4択問題のみが出題される。他の区分の午後科目のような長文問題は出題されない。
また、基本情報技術者などと異なり、毎月試験が実施されるため受験のチャンスが多い。

この試験は2011年(平成23年)11月から、CBT方式(Computer Based Testing)で実施されている。これは試験会場に用意されたパソコン上で受験する形式である。国家試験では珍しいものである。
CBT方式では問題自体の難易度は低くても、パソコンの操作に慣れていないせいで苦戦するケースが少なくないため注意が必要である。

2011年(平成23年)10月までは基本情報技術者試験などと同じ紙媒体の試験であり、4月と10月の年2回のみ実施されていた。
一応、今でも目の不自由な人(視覚障害者)向けに、従来通りのペーパー試験も用意されてはいる。ただしこれを受験する場合は医師の診断書を提出する必要がある。視覚障害者向けのペーパー試験は4月と10月の年2回実施される(基本情報技術者試験などと同時に実施)。試験時間は原則2時間(120分)だが、場合によっては特別措置で3時間(180分)に延長される。

ITパスポート試験で出題される問題は受験者ごとにそれぞれ異なる。IPAが公表している過去問は、実際に出題された問題のごく一部しか収録されていない。

合格基準

総合評価が満点の60%以上の得点率で原則合格となる。

しかし、足切り制度があり、テクノロジ、マネジメント、ストラテジの3分野のうち、どれか一つでも分野別評価が得点率30%未満のものがあった場合は、総合評価が満点の60%以上であっても不合格となってしまうため注意が必要。
そのため、「苦手な分野は捨てて他の分野で点数を稼ぐ」という手段が通用しない。苦手な分野があってもそれを克服する努力をし、バランス良く勉強する必要がある。

ちなみに、ITパスポートは合格するだけならそれほど難しくないが、一方で高得点(満点の75%以上)を狙うのはかなり難しい試験と言われている。
内容自体は浅いとはいえ出題範囲はとても広い上に、時事問題も出題されるためである。

関連タグ

国家試験 国家資格 基本情報技術者試験
国家試験iパスイラコン

関連記事

親記事

情報処理試験 じょうほうしょりしけん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ITパスポート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1663

コメント