ピクシブ百科事典

高度情報処理技術者試験

こうどじょうほうしょりぎじゅつしゃしけん

経済産業省およびIPA(情報処理推進機構)が実施している国家試験「情報処理技術者試験」の区分の中で、専門性、複雑性、責任性、規模が大きい一部の区分の総称。 単に「高度試験」という場合も多い。
目次[非表示]

概要

経済産業省およびIPA情報処理推進機構)が実施している国家試験情報処理技術者試験」の区分の中で、専門性、複雑性、責任性、規模が大きい一部の区分の総称。
単に高度試験という場合もある。

情報処理技術者試験の制度においてスキルレベルを1~4に設定しているが、この中でスキルレベル4に相当するものを高度試験と規定している。
また、旧制度から運営されている、スキルレベル5に該当する試験も2009年の制度改正を目処にスキルレベル4に統合されている。
どの時期においても、情報処理技術者試験の中で難易度・専門性・対外的評価の高い区分を指すという点は変わらず、試験で計ることのできる能力としては最高のスキルレベルであることから、いずれの試験区分も各技術分野において事実上の国内最難関試験にあたる。

これらに合格することはITエンジニア、広義のシステムエンジニアSE)の能力認定に有効な手段となる。
そのため、省庁裁判所役所民間企業では合格者への報奨一時金、昇格・昇給、採用条件の基準として扱われることが多い。
また、公共機関や民間企業のシステム開発案件への入札条件として、高度情報処理技術者の保有人数を指定されることがあり、大手IT企業では、技術者への資格取得奨励を経営戦略目標に設定している例も見られる。

高度試験の対象となる区分

現在、以下の9区分が高度試験の対象となっている。

試験区分名略号重点分野実施時期
情報処理安全確保支援士試験RISS、SCサイバーセキュリティ
ネットワークスペシャリスト試験NWコンピュータネットワーク
データベーススペシャリスト試験DBデータベース
エンベデッドシステムスペシャリスト試験ES家電自動車などの組み込みシステム
システムアーキテクト試験SAシステムアーキテクチャ
ITサービスマネージャ試験SMITサービスマネジメント
プロジェクトマネージャ試験PMプロジェクトマネジメント
システム監査技術者試験AUシステム監査
ITストラテジスト試験STストラテジー経営戦略、システム戦略

かつて対象となっていた試験区分

※一部のみ掲載。


特徴

いずれの試験区分も、午前1・午前2・午後1・午後2の4段階の形式で出題される。
午前1から順に採点され、不合格点であった場合は、その時点で採点中断され不合格
一度の試験で4段階すべてが合格基準以上だった場合のみ、最終的に合格となる

午前1試験は、全試験区分で共通マークシート形式・選択式問題が出題される。
情報セキュリティを含むストラテジーマネジメントテクノロジー系の全分野が対象である。
なお、応用情報技術者試験合格、または、高度試験のいずれかで合格、もしくは、午前1試験が基準点以上であれば、2年間は午前1試験が免除される

午前2試験は、各試験区分毎に重点分野が異なるマークシート形式・選択式問題が出題される。
情報セキュリティ分野はITストラテジスト試験およびプロジェクトマネージャ試験の試験範囲から外されていたが、平成26年春試験以降は出題範囲となった。
これにより、情報セキュリティ分野はすべての試験区分で出題範囲の対象となっている

午後1試験は、各試験区分に応じた長文の事例解析問題が出題される。午前試験と異なり、記述となる。

午後2試験は、各試験区分に応じて記述式もしくは論文課題形式で出題される。

論文試験

高度情報処理技術者試験区分の中で、ITストラテジスト試験システム監査技術者試験プロジェクトマネージャ試験ITサービスマネージャ試験システムアーキテクト試験午後2の問題で3000文字程度の論文課題を課している
これは、技術系でありながらそれぞれの立場で第三者に状況を説明することが必要とされるためであると考えられる。
そのため、技術のみを深く追求するだけでなく、与えられた問題から的確に情報を把握し、正しく伝達するための技量を論文形式で表現する能力が必要となる。
課された設問に対して、実務経験を基に具体的に論述する必要があり、多くの受験者にとって難易度が高いと認識されている。

実施スケジュール

試験の機会は、下記のとおり春期4月)と秋期10月)の年2回である。
ただし、情報処理安全確保支援士試験を除き、実施されるのは春期または秋期の年1回のみである。


ネットワークスペシャリスト試験システムアーキテクト試験ITサービスマネージャ試験ITストラテジスト試験秋期に実施される。
データベーススペシャリスト試験エンベデッドシステムスペシャリスト試験プロジェクトマネージャ試験システム監査技術者試験春期に実施される。

なお、高度試験で唯一、情報処理安全確保支援士試験のみが、春期と秋期の年2回実施されることになっているが、これは日本政府が国策としてサイバーセキュリティ専門家を確保することを目標としているためである。

その他


関連タグ

国家資格の一覧 国家資格 国家試験 IPA/情報処理推進機構 経済産業省 IT 情報処理 システムエンジニア/SE

関連資格

コメント