ピクシブ百科事典

土橋守重

つちはしもりしげ

土橋守重とは戦国時代に活躍した武将。若大夫とも。雑賀衆の一人。

概要

紀伊国雑賀荘の出身で、雑賀衆の中ではかなりの大身であったといわれる。隣接する僧兵集団根来衆にも一族のものを当主として送り込んでおり、紀伊国を代表する国人であった。織田と本願寺の争いでは他の雑賀衆と共に本願寺に与するが、実は彼自身は一向宗の門徒ではなかったといわれる。他にも三好家や長宗我部家、毛利家などの反織田勢力にも協力している。後に雑賀衆を危険視した織田信長が二度に渡って奇襲攻めの大軍を起こした時は、鈴木重秀と共に指揮をとってこれを退けている。

しかし、本願寺の降伏後は反織田を貫く根来衆に同調し、親織田の立場となった重秀と対立。結局、重秀からの刺客によって暗殺された。その後守重の一族や与していたものたちは駆逐され、鈴木家が主導権を握ることになる。

pixivに投稿された作品 pixivで「土橋守重」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14119

コメント