ピクシブ百科事典

鈴木重秀

すずきしげひで

鈴木重秀とは戦国時代に活躍した武将。「孫一」の通称で知られる。

概要

紀伊国(和歌山県)の国人で、地侍集団「雑賀衆」の有力者。十ヶ郷に本拠を構えていた。度々「雑賀衆」の頭領とされることがあるが、実際はそこまでの立場になく、そもそも「雑賀衆」自体それほど統制された組織ではなかった。

戦巧者で知られ、本拠の十ヶ郷が貧しい土地であったこともあり、傭兵稼業を行っていた。有能な指揮官であると同時に優れた鉄砲の射手で、水軍の統率にも長けていたという。畠山氏の要請で三好家との合戦に参加した際は、三好長慶の弟義賢を討ち取ったという伝承がある(実際に討ち取ったのは別人)。一向宗の門徒であったことから本願寺顕如に深く信頼され、織田家と本願寺が争った石山合戦では、本願寺側の主力として参加。天王寺の戦いで織田方の総大将塙直政を討ち取ったり、毛利軍との連携のために播磨に赴いたり、信長に反旗を翻した荒木村重の有岡城に加勢として入ったり、と僧兵を持たない本願寺に代わって各地で活躍した。その後信長が紀伊国を二度にわたって大軍で攻めて来るが、土橋守重と共に指揮をとってこれを撃退している。これらの働きから、下間頼廉と並んで「大坂之左右之大将」と称された。

本願寺降伏後は信長に接近し、反織田家の守重と対立。遂には守重を暗殺してその一派を駆逐し、雑賀衆での主導権を握る。しかし、その後ほどなくして本能寺の変が起きると身の危険を感じて即座に織田家へ出奔。その直後に旧土橋守重派による挙兵がなされ、危うく難を逃れた。その後は豊臣秀吉に仕え、秀吉が雑賀衆を攻めた際は、拠点の一つである太田城への降伏の使者を務めている。紀伊国が制圧された後は、息子を人質として秀吉に差し出した。それ以後の足跡は不明だが、故郷には帰らず大阪で没したといわれる。

雑賀孫市

雑賀衆の頭領、『雑賀孫市』なる人物のモデルといわれる。彼自身「孫一」の通称を用いており、「孫一入道」と記された宛名が残っている。傭兵稼業や対織田戦での活躍など、「雑賀孫市」として伝わる業績の多くは彼がベースだと思われる。「雑賀孫市」の数ある本名の一つが重秀とも伝わるが、少なくとも重秀自身が雑賀性を自称したことはない。
ちなみに彼の姓「鈴木」は今日でこそ珍しくないが、当時は紀伊国特有の姓であったらしい。その後熊野本宮大社が各地に分社されるに従って、全国的な名字となっていったという。

pixivに投稿された作品 pixivで「鈴木重秀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4574

コメント