ピクシブ百科事典

地獄くらやみ花もなき

じごくくらやみはなもなき

「地獄くらやみ花もなき」とは、路生よる作のキャラクター文芸小説である。
目次[非表示]

概要

罪を隠し持った罪人たちに、現世に現れた鬼がその罪を暴いて裁きを下す、地獄堕とし事件簿(ミステリー)
罪を犯した人々を通して、時に鬼よりも恐ろしい“人間の闇 ”が描かれている。
装画は、アオジマイコ氏が担当している。また、ヤングエース2020年3月号よりコミカライズ版も連載されており、作画は藤堂流風氏が担当している。

あらすじ

罪を犯した人間の姿が“妖怪 ”に見える青年、遠野青児は、ネットカフェを転々とする放浪生活の末に辿り着いた洋館で、謎の美少年、西條皓と出会う。青児の目の力を見込んだ皓は、現世の罪人たちを地獄へ堕とす“地獄代行業 ”の助手として、青児を雇うことに──。
妖しき美少年探偵とペット扱い助手の、痛快な地獄堕とし事件簿(ミステリー)。

主な登場人物

遠野青児(とおのせいじ)

本作の主人公。幼い頃に〈照魔鏡〉の欠片が左目に入って以来、罪を犯した人間の姿が化け物に見えるようになる。
あらゆることから逃げ、ホームレス一歩手前のニート生活を送っていた矢先、皓と出会い助手として働くことになった。
雇い主である皓からは、助手というよりペットのように見られている節があり、頻繁に頭を撫でられたりしている。

西條皓(さいじょうしろし)

もう一人の主人公。死装束と見紛う白い着物に身を包んだ、和装の美少年。
その正体は、稲生物怪録に登場する魔王・山本五郎左衛門(さんもとごろうざえもん)の跡取り息子。現世の罪人たちを地獄に堕とす、“地獄代行業 ”を営んでいる。

紅子(べにこ)

黒硝子のような目をした少女。屋敷のメイドのような役割を担っており、日々の家事から車の運転まで何でもこなす万能な人物。
彼女の作るアップルパイは絶品。

凜堂棘(りんどうおどろ)

世間で評判の凄腕探偵。通称“死を招(よ)ぶ探偵 ”
その正体は、稲生物怪録に登場するもう一人の妖怪の親玉、悪神・神野悪五郎(しんのあくごろう)の跡取り息子。皓とは、世代を跨いでの魔王の座を懸けた勝負をしている因縁のライバル。

小野篁(おのたかむら)

平安時代の才人で、死後も閻魔庁で第三冥官として働く人物。皓と棘の推理勝負の審判役。

緋(あか)

2巻にて登場した、皓の弟を名乗る謎の少年。

凜堂荊(りんどういばら)

棘の双子の兄。神野悪五郎が我が子らに命じた兄弟同士の殺し合いの末、自らその命を絶ったと言われているが──。

刊行

『地獄くらやみ花もなき』
『地獄くらやみ花もなき 弍 生き人形の島』
『地獄くらやみ花もなき 参 蛇喰らう宿』
『地獄くらやみ花もなき 肆 百鬼疾る夜行列車』

関連イラスト

地獄くらやみlog④


無題



関連タグ

ミステリー 和風 妖怪 ホラー

関連リンク

作品オフィシャルサイト: https://promo.kadokawa.co.jp/character-novels/series/jigoku.php

関連記事

親記事

KADOKAWA かどかわ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「地獄くらやみ花もなき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1021

コメント