ピクシブ百科事典

墨ヶ丘黒母

すみがおかこくぼ

墨ヶ丘黒母は、『刀語』の登場人物。

家鳴将軍家御側人十一人衆がひとり。なにかに怒っているかのような厳しい表情をした男。
尾張一の獰猛者として名をはせていたが、王刀「鋸」を手にしたことで限定奥義「王刀楽土」が発動したために性格が変化、城攻めに来た鑢七花に戦いの無意味さを訴えて説得しようとするも「あんたの言葉は汽口のそれと違って上っ面だけでぜんぜん心を打たねえよ」と一蹴され虚刀流奥義『錦上添花』をくらわされて絶命した。

pixivに投稿された作品 pixivで「墨ヶ丘黒母」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 968

コメント