ピクシブ百科事典

浮義待秋

ふぎまつあき

浮義待秋とは、『刀語』の登場人物。

家鳴将軍家御側人十一人衆がひとり。
総髪の髪をすべて後ろに流した男。
日本最強の剣士・錆白兵の好敵手だった。「爆縮地」を使うことができる。
薄刀「針」を壊さずに扱うことができ、限定奥義・「薄刀開眼」を発動した。
上記の「薄刀開眼」が誤植により「白兎開眼」となっていたことに由来し、見た目が白兎っぽくなったらしい。
アニメ版での声優は高橋研二
錆を倒した七花を倒すことで錆を越えようとするも、刀を壊すわけには行かなかった前回とは違い、身体の芯をずらした七花に呆気無く針を砕かれ、「あんたにゃちっともときめかねえ」と吐き捨てられた辺り、腕前自体も錆には届いてなかった様子。

pixivに投稿された作品 pixivで「浮義待秋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31481

コメント