ピクシブ百科事典

壬生姫予

みぶのひめよ

姫予はメディアミックス作品『魔神英雄伝ワタル-虎王伝説-』登場人物のひとり。

CV:弥生みつき(CDドラマ)

概要

 かつてワタルが冒険した神部界より上の世界にある天部界の龍神王・大龍光帝の天馬・『御雷丸』の力で1000年前(永延2年)の龍神町に当たる武蔵国榎津郷にタイムスリップし、虎王と離ればなれになって気を失っていたワタル(ワタルはこの時、小説では御雷丸捕獲の際に一時盲目になり、ドラマCDでは離れ離れの際に一時記憶喪失になっていた。)を介抱した美少女。

 父・時成は武蔵国榎津郷の白丁であり、母は本編の3年前に病死。

 琴が得意であり貴族さえも感服させるほどの腕前である。

 農民よりは裕福な家柄ではあるが、飢饉に苦しむ村人たちに心痛めている優しい性格で、同じく飢饉に心痛めている父は年貢が納められない者を取り立てせずに見逃したり特に酷い飢えに苦しむ者には少しずつ年貢を返したりしていた。

 土豪である赤銅家から嫁入りを迫られており、父は前述の理由から彼らに弱みを握られているため大っぴらに逆らえずにいるが、彼女は大親山(昔の龍神山)で出会った、大龍光帝の息子である青輝龍(小説では最初、三郎太と呼んでいた)と恋仲になっており、加えて赤銅の強欲な本性を知っているのか好ましく思っていないため内心は嫌がっている。

 だが、鬼夜叉の策略により、青輝龍は赤銅の息子に殺害され、激怒した大龍光帝によって大親山に天変地異が巻き起こる。同時に青輝龍の正体が龍神の子である事を知り、自責の念から大龍光帝の怒りを沈めるべく池に身を投げて犠牲となる。その亡骸は頂上の枝下桜の下に埋葬され、以降見事な桜が満開になった。それが何時しか『面影桜の龍』と呼ばれ、1000年の後に文月未知夜へと転生する。

 僅かながらもワタルとも交流を持ち、彼女を救えなかった事はワタルにとっても苦い経験となった。

 

関連タグ

魔神英雄伝説ワタル-虎王伝説-

コメント