ピクシブ百科事典

大徳寺美子

だいとくじびこ

大徳寺美子とは、『プロジェクトA子』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:篠原恵美
大徳寺美子とは、『プロジェクトA子』のキャラクター。

通称B子

大富豪である大徳寺財閥お嬢様で、グラビトン学園では生徒会長も務める校内のマドンナ
寿詩子を巡って摩神英子と対立することとなった。

容姿端麗で成績優秀なお嬢様であり、取り巻きを率いる学園内のマドンナであり、学校の成績も優秀。A子の怪力に対抗するため自身でビキニアーマーパワードスーツを開発するほどの優秀さもある。
しかし、その実はマッドサイエンティストに近く、自宅の研究室では奇声を上げつつ設計図を引いていた。
室内には、顔や体中にバカアホと刺繍している、A子を模した呪いのぬいぐるみもあったりする。
また、設計するメカに関しては、デザインやネーミングのセンスだけは恐ろしくダサい。また、どこか抜けている。
例:

  • マシン形態から細身のロボに変形する「MAX5000」。コックピット内の搭乗者が変形と共にねじれてしまい、動かそうとしただけで複雑骨折。結果、A子の足払い一発で倒れ撃沈。
  • 五体の巨大ロボ「嵐山5(ファイブ)」。短足寸胴の巨大ロボで、はっきり言って「めちゃくちゃダサい」。A子の前にあっけなく破壊された。
  • 赤城山28号」メイン画像で着ているパワードスーツ。
デザイン面では、自分で「魅惑のMライン」と言い切っており、A子とB子に「何それ」「恥ずかし~」と引かれた。
性能面は申し分なく、実際A子の怪力と互角に殴り合えるのみならず、飛行能力に腕に装着したミサイルランチャーなど、デタラメに高性能。

後に完結編では、四体のメカが合体する巨大ロボ「A子ロボ(A子を模した巨大ロボ)」も登場する。

幼少期は、おかっぱで顔にそばかす(A子いわく「ブツブツ」)があって、目つきがよろしくない少女だった。幼稚園にてA子・C子と一緒だったが、C子の事がお気に入りで、その感情の裏返しで毎回C子にちょっかいを出してイジメていたが、そのたびにA子から手痛い仕返しをされていた。
その外観のあまりの変わりように、A子とC子は信じられなかった。

非常にぶっ飛んだ性格であるものの、C子に対する想いは本物で、裏を返せばそれだけ一途でもある。
また、A子が後にK君に片思いするようになってからは、A子に対しても良きライバル的な関係に若干変化しつつあった。

角川文庫版では、A子同様に同性愛者であり、C子をめぐりA子と対立することに。

設定資料集によると、本編終了6年後は大学院に在籍している。
さまざまな研究は、(彼女以外は理解できない)美学や無茶ぶりが災いし、学会からは無視され続けているとのこと。結婚の話は断っているらしい。

また、世界観の異なる「A-KO THE VS」では、A子の相棒として、とある惑星にて一角獣ハンターになっている。

余談

篠原恵美さんの、声優デビュー作のキャラでもある。

また、「くりいむレモン」時の初期設定では、レズビアンではあるが、同時に嗜虐的であり、C子(本作におけるC子とは、やはり性格・容姿・設定が異なる)をめぐりA子と対立していた(こちらのB子のC子に対する感情は、「愛玩する奴隷」のような扱い)。外観の違いは、髪形が若干異なる程度。また、パワードスーツも「豪奢で扇情的なランジェリー」のようなデザインである。
R-18作品のキャラらしく、絵コンテの時点でC子との濃密なベッドシーンが描かれているのみならず、サディスティックな一面も見せている。
ラポート社から出た「A子」アンソロジーコミックの一編では、この初期設定のB子と本編とのB子とが相対し、互いに互いの事を「一途バカ」「淫乱18禁」などと罵り合っていた。

関連イラスト

センシティブな作品



関連タグ

プロジェクトA子 摩神英子 大富豪 生徒会長 ビキニアーマー

関連記事

親記事

プロジェクトA子 ぷろじぇくとえーこ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大徳寺美子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6709

コメント