ピクシブ百科事典

天光丸

てんこうまる

源義家が佩用したという太刀。天光丸太刀、天光丸の太刀、天光丸安綱とも。
目次[非表示]

天光丸とは、日本刀(太刀)の一つである。

概要

平安時代刀工で数々の名刀を残した安綱による作とされる。

『河内名所図会』によると源満仲から源義家(八幡太郎義家)へと伝えられ、義家が佩刀としたことが記されている。
現在は源義家の愛用とされる黒韋威胴丸とともに、大阪府羽曳野市にある河内源氏の氏神・壷井八幡宮が所蔵している。
また、昭和10(1935).10.14に国指定重要美術品に指定されている。

逸話

“鬼切丸”と雌雄の御太刀

享和元年(1801年)の『河内名所図会』巻之三 古市郡 壺井八幡宮の項目によると、天光丸は鬼切丸と同鐵であり雌雄の御太刀であるという。
この鬼切丸は童子切安綱もしくは鬼切安綱を指すものと思われる。

関連イラスト


関連タグ

武器  / 日本刀 太刀
童子切 鬼切安綱

pixivに投稿された作品 pixivで「天光丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 555

コメント