ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:福山牛(第6話で『カメムシ潤』、第7話で『潤アント潤』、第11話で『くるっぽー』名義)

概要

織田信長の家来的存在で、信長からは「牛ちゃん」と呼ばれていた。信長の熱烈な信奉者で、彼の偉大さを後世に伝えようと信長公記を著すが、本人に覚えがない寺社焼き討ちのことを書く等かなり盛ってしまい、現代の間違った信長のイメージを広めた元凶でもある。
再び信長に仕えたいという強い思いから、(加工済みの牛肉)→カメムシと様々な動物に転生するが、登場するたびに転生先の悪さから不運に見舞われ、シナモンと対面を果たすこともなく非業の死を遂げてしまうのが定番となっている(鳩の時は興奮するあまり脳溢血を起こして死亡〈 アニメでは持病の発作で心臓麻痺を起こして池に墜落〉、カメムシの時にはコップに閉じ込められて〈アニメでは光秀がコップをかぶせた〉自分の体臭で自滅。蟻の時に至ってはシナモンのそばまで突風で飛ばされ一時は喜ぶも、飛んだ先がシナモンの鼻だったため、何も知らないシナモンになめ取られ食われた)。

余談

アニメではストーリーの都合上、転生の順番が若干異なる(牛→カメムシ→蟻→鳩)。
また、設定も少し異なっており、光秀の正体を知っている唯一の人物である。
しょっちゅう転生する為、その度にEDのクレジットも変更していたが、鳩の段階でとうとう福山潤の「潤」の字すら消え失せた
なお、福山は太田の声以外にナレーションも担当している。

関連タグ

太田牛一 織田シナモン信長 転生  カメムシ   福山潤

牛三(仮面ライダージオウ):元の人物が共通

関連記事

親記事

織田シナモン信長 おだしなもんのぶなが

兄弟記事

コメント