ピクシブ百科事典

宗教教育

しゅうきょうきょういく

宗教教育とは、宗教の教義、儀式、習慣、概念、歴史などを教えること。もしくは信仰を持てるようにする教育のこと。

概要

広い意味では、特定の宗教におけるの『教義』『儀式』『習慣』『概念』『歴史』などを教える教育のことで、狭義にはそれらに信仰を持てるようにする教育のことを指す場合がある。

例を挙げるとイギリスにおいて、第二次世界大戦後に左翼政党である『労働党』配下の組合であるイギリス版日教組教師労働者連盟』に教育機関を牛耳られたことにより、自虐史観が蔓延しモラルの低下を招いたことに対し、国を挙げて愛国心誇りを持てる歴史教育を行ったと同時に、宗教の自由を認めた上でイギリス宗教伝統のキリスト教(主に英国国教会)を必須科目に添え、宗教教育による徳育に力が入れられたことで、モラルが非常に良くなり犯罪率の低下にも繋がっている。

ただ、一方で歪んだ解釈や特定の宗教への過度な傾倒によって、かつては宗教戦争が引き起こされた歴史もあり、差別、偏見につながってしまうこともあるため、教育するにはそれらを考慮して細心の注意を払う必要がある。

関連タグ

宗教 信仰
教育

コメント