ピクシブ百科事典

宗教戦争

しゅうきょうせんそう

宗教戦争とは、宗教上の問題が原因で起きた戦争のことである。
目次[非表示]

解説

宗教上の問題が原因となって引き起こった戦争のことであり、狭義には16~17世紀のヨーロッパにおいて、宗教改革後のにおけるキリスト教徒カトリックプロテスタントの対立から起こった一連の戦争のことを指すことが多い。
広義には内乱、武力以外の論争による宗教諸派の勢力争いなども含む。
しかし、必ずしも宗教の対立のみが原因ではなく、政治的な利害も複雑にからんでいる場合もあり、深刻な争いとなった。
同国の国民同士が血を流しあった凄惨な争いの反省から、西ヨーロッパでは政治と宗教の分離が進められるようになっていった。

転じて同一分野における思想や信条の異なる者同士の対立を揶揄する言葉としても用いられ、ネットやオタク界隈では同一ジャンル内における競合コンテンツのファン同士による対立を意味することもある。

宗教戦争一覧

上記のように宗教上の対立が原因となっている物が主であり、過去から現在に至るまで絵画、演劇等の題材とされる事も有るが、実際は複雑な政治的経緯が絡んでいる事も珍しくなく、感情的な面からも特に当事国では作品を過度に評価されたり貶められる事も珍しくない。



関連タグ

戦争 宗教
解釈 異教
他文化強制

pixivに投稿された作品 pixivで「宗教戦争」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 217292

コメント