2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

小暮紳一

こぐれしんいち

怪異症候群2に新規で登場した人物。新作・怪異症候群3でも登場する。
目次[非表示]

概要

怪異症候群』シリーズのキャラクター。
菊川警察署の特務課に所属している。怪異に対しては、過去の影響により非常に冷徹な一面が見える。ゲーム版のスペシャルボイスは佐山裕亮
崖を降りたり素早く怪異の攻撃を避けたり、棍棒を使った後ろからの不意打ち攻撃により怪異を一撃で倒せる事から氷室ほどではないが運動神経はかなり良いと思われる。

怪異症候群2でのネタバレ

氷室等を襲った第二の怪異症候群の元凶。コトリバコを置いたのも彼である。
八尺様の一件でついに本性を現し、八尺様との死闘で疲弊していた氷室に牙を剥き霊光銃を奪い取る(怪異を殺すための便利な道具が欲しかったため。コトリバコを置いたのも大小の怪異を引き寄せ始末するためだった)。

公式サイト・夕闇の季節より一部引用。

その正体は、怪異を利用して栄華を画策する組織エイチエムの一員。上司の中川もまたエイチエムの幹部であり、二重の意味で部下であった。
しかし小暮は怪異もそれを利用する人間も軽蔑しており、すべてを利用していたに過ぎなかった。唯一氷室だけは筋が通っているとして認めていたが、甘さのある部分だけは大嫌いだったという。

神代由佳のことは穢れた一族として軽蔑しており、本人の前に現れて言い放っている。
だが由佳に怨まれても仕方のない立場なのに、怨みつらみを飲み込む彼女に自分とは違うものを感じ取る。また由佳の妹・春子(幼女)から自身の行いを指摘された時は、さすがに良心が咎めた様子。

最終章では高木健二から接触され互いの正体が判明するが、今更高木側に就く気もなく一匹狼となることを選ぶ。
しかし高木から「手負いぶっ倒しといて勝った気になってんじゃねえぞ、青二才。……消える前に、きっちりケジメつけてこい」と焚きつけられる。

第二の怪異症候群の解決後、氷室とのけじめのため決闘を挑む。これが本作のラストバトルとなる(投げ技の際の一部ボイスは必聴)。
超大物怪異の後での戦いだからと言って油断するとあっという間にゲームオーバーになる。確かに徒手空拳での殴り合いだが、難易度的に言えば前作をはるかに凌ぐ。

氷室に敗れた後はどうするか1日だけ時間をやると見逃される。小暮は逃げるつもりで立ち去るが、加賀剛に殴り倒されて引き留められ、なぜそんな風に歪んでしまったのか話すように告げられる。
すべてが終わった後、私立の探偵事務所を設立し、加賀とはたまに連絡を取っている。

怪異症候群3でのネタバレ

第三章における主人公の一人を務める。
前作で過去の何かが関連しているのか、驚いたような素振りをしていた相手・神代春子と一時的に行動を共にする。前作では春子の祖母の経営する旅館に、怪異の原因となるものを置いた犯人とその被害者という関係図である。
実は小暮には普通の人には見えないものが見える妹(舞子)がいたことが明らかになり、その妹と春子が重なったからという事情が分かった。

関連タグ

怪異症候群2 怪異症候群3
氷室等 神代春子
紳春

関連記事

親記事

怪異症候群 かいいしょうこうぐん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 508900

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました