ピクシブ百科事典

姦姦蛇螺

かんかんだら

姦姦蛇螺とは、2chオカルト板のスレッド「洒落怖」に紹介されたホラー及びそれに登場する怪異の一つ。
目次[非表示]

概要

田舎に住んでいた当時中学生だった語り手とその友人二人の体験談。当時グレていて怖い者知らずだった三人は、地元の森にあった「立ち入り禁止」の区域に立ち入ってしまったことで「姦姦蛇螺」に遭遇してしまう。

特徴

語り手達が出会ったのは裸の上半身だけで三対の腕を持つ笑う女性だったが、神社の話ではこれは巫女であり「姦姦蛇螺」ではないと言われる。
祠には棒がその下半身を示すように「</\/\」の形に組まれており、本来なら語り手の仲間がしたように動かせば姦姦蛇螺が現れその者を決して許さないと言われているが、お遊びのようなものだという巫女が現れた理由は神社にも謎である。

上半身は腕が六本あるものの人間の女性の姿、下半身は蛇の姿をしているとされる。
普段は山奥の封印された区画で放し飼いとなっている。基本的に姿を見えないが、封印を害した人間に対しては姿を現して危害を加える。特に下半身を目撃した者は決して助からないという。封印される場所は一定周期で移されているらしく、
「姦姦唾螺」、「生離蛇螺」、「生離唾螺」などの別名を持つ。
単に「だら」とだけの場合もある。

かつて人を喰う大蛇が村を襲って暴れ、ある巫女が退治しようと立ち上がった。しかし激しい戦いの末に巫女は下半身を喰われ、敵わぬと見た家族や村人によって両腕も切り落とされ、村の身代わりに大蛇への生贄とされてしまった。だが大蛇は去ったにも関わらず最初に巫女を生贄にした家族と村人が呪い殺され、他の村人も次々と呪い殺され、結局は四人を残して村は全滅したのだという。
生き延びた四人は手当たり次第に呪法をかき集め、姦姦蛇螺を封じ込める儀式を編み出したのだと思われる。
封印に関与する者だけがこれらの事情と、対処できる拝み屋への連絡先を受け継いでいく。

関連項目

都市伝説 怪談 洒落怖
ラミア

原作レイプ:ピクシブでは当然のごとく怪談が猥談になってしまったイラストが投稿されている。お前ら人間じゃねぇ!!
また、アニヲタwiki(仮)の当該記事には実写版について軽く触れられているが、悪い意味で大幅改変がされているとのこと)

関連リンク

姦姦蛇螺(かんかんだら) - 【怪談】本当にあった怖い話

pixivに投稿された作品 pixivで「姦姦蛇螺」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 654986

コメント