ピクシブ百科事典

尼崎カンナ

あまがさきかんな

花ざかりの君たちへに登場人物するキャラクター
目次[非表示]

概要

演:桐谷美玲(2007年版)/市川美織(2011年版)
名前は尼崎駅(兵庫県尼崎市、JR・阪神)から取られている。
ブロッサム学院の生徒会役員を務める2年生。合同ダンスパーティでも実行委員を務めた。礼儀正しく可憐だが、怒ると怖い一面も。弓道や華道などが得意。
純粋かつ引っ込み思案な性格のため、天王寺とは親が決めた許婚であるが、合同ダンスパーティでベストカップル賞を貰うなど、ラブラブである。

「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」(2007年版)

原作や2011年版に比べると普通の喋り方になっており、周りよりやや丁寧な程度。
天王寺の許嫁で、彼を「天王寺様」と呼び一途に想う純粋な性格。天王寺に彼女が出来ていることを快く思っていない難波や姫島、一寮生の騒動に巻き込まれることが多く、舞踏会では天王寺とペアになるものの大国町と北花田からスカートを脱がされてしまった。この時はパンツの色を口にした天王寺に対しても「最低」とキツい一言でビンタを浴びせ、天王寺とも別れた…と誰もが思っていたが、11話で普通によりを戻していた。
最終話の序盤では天王寺とのデートの最中に彼から「体育館で女の裸を見た」という事実をきいてしまいひばりに伝えた。これが桜咲学園全生徒が女性生徒がいるという事実を知ってしまう要因となった。終盤ではロミオとジュリエットの演劇で姫島と抱き合う天王寺をみてショックを受けるが、その姿をみた天王寺が姫島を投げ飛ばして自分の所へ来たため笑顔を取り戻して抱き合った。
瑞稀を見送る際には「天王寺様と幸せになります」と述べた。
スペシャルでは陣取り合戦で天王寺を応援していた。

「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」

原作通りの丁寧なお嬢様言葉が特徴的な小柄な女子。
天王寺の許嫁であり、彼を「恵様」と呼んでいる。堅物の天王寺を緩くさせる唯一の存在と言っても良く、カンナの方もお弁当を作ったり、お守りを作るなど頑張っている彼を応援している。ダンスパーティーでは天王寺に申し出るが彼は控えている試合があったので1度は断られてしまう。しかし、吹っ切れた天王寺の「他の男とは踊って欲しくない」という言葉をきいて共に踊ることを決意した。

コメント