ピクシブ百科事典

市川安男

いちかわやすお

重松清の小説、それを原作としたテレビドラマ「とんび」の主人公。

重松清小説、それを原作としたテレビドラマとんび」の主人公
演・NHK版:堤真一(幼少時:矢部光祐)、TBS版:内野聖陽(幼少期:寺田心 / 少年期:高澤父母道)。
愛称ヤス

1934年、広島県備後市(架空都市)生れ、島野家にて生まれるが、母親が産後間もなく死去父親は別の女性再婚し、母方の伯父夫婦に育てられ、市川姓を名乗る。
1959年に美佐子と結婚し、3年後の1962年に長男、旭が誕生するも、数年後に美佐子と死別、その後は近所の人たちの協力を得て、不器用ながらも男手ひとつで旭を育てていく。
性格は曲がった事が大嫌いで、厳格な態度をとって周りと距離を置いてしまいがちな典型的『頑固オヤジ』

TBS版においては原作より時代背景が10年ずれており、3月10日生まれ、天ヶ﨑通運に運転手として勤務している。

コメント