ピクシブ百科事典

廿日市駅

はつかいちえき

広島県廿日市市にある、山陽本線の駅。なお、ここでは広島電鉄の広電廿日市駅についても説明する。
目次[非表示]

概要

広島県廿日市市にある、JR西日本山陽本線広島電鉄宮島線(広電廿日市駅)が乗り入れている駅。

JR西日本 廿日市駅

1897年に開業。相対式2面2線のホームを持つ地上駅で橋上駅舎を有する。
上下線の間にホームのない待機線(運転指令上は「2番線」)があるが、現在は架線がなく、配線上の理由(広島側で上り線のみ、岩国側で下り線のみに接続)によって電車は入線できない。かつては両側で上り線、下り線両者に接続した、いわゆる中線であった。

駅構造

乗り場路線方向方面備考
1山陽本線下り宮島口岩国方面
2山陽本線上り広島三原方面

利用状況

  • 2018年(平成30年)の1日平均乗降客数は3,983人である(廿日市市統計書より)。

利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度3,478人6,956人
2009年(平成21年)度3,376人6,752人
2010年(平成22年)度3,325人6,650人
2011年(平成23年)度3,324人6,648人
2012年(平成24年)度3,410人6,820人
2013年(平成25年)度3,473人6,946人
2014年(平成26年)度3,400人6,800人
2015年(平成27年)度3,648人7,296人
2016年(平成28年)度3,791人7,582人
2017年(平成29年)度3,966人7,932人
2018年(平成30年)度3,983人7,966人


広島電鉄 広電廿日市駅

相対式2面2線の地上駅。線路の南側(海側)が広電宮島口へ、北側(JR側)が広電西広島駅や広島市内へと向かうホームとなっている。
山陽女子大前駅寄りには折り返し線があり、朝の時間帯に当駅から広電西広島駅や広島市内へ向かう電車が設定されている。
駅構内は全面バリアフリーとなっており、南口(下りホーム側)にはトイレと待合室が設置されている。待合室は鉄骨平屋で、壁面には廿日市市内で産出した杉材を使用する。
2012年までは駅舎が存在した。板張りと漆喰の壁、黒瓦の屋根を備えた木造平屋の駅舎で、開業から戦前の改修工事を経て88年間にわたり使用された。広島電鉄で最後まで残された木造駅舎で、窓口業務が2005年に終了した後も出札窓口や改札口は往時のまま残されていたが、駅周辺の整備事業に伴い解体。その後、現在の待合室とトイレが設けられた。

関連項目

廿日市市 山陽本線 広島電鉄 宮島線 広島県内の駅一覧
廿日市駅(Wikipedia)

関連記事

親記事

広島県内の駅一覧 ひろしまけんないのえきいいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「廿日市駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33

コメント