ピクシブ百科事典

目次[非表示]

カードテキスト

リバース・効果モンスター
星4/水属性/サイキック族/攻1000/守1800
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、
除外されている自分の「シャドール」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、
お互いの墓地のカードを合計3枚まで対象として発動できる。
そのカードを除外する

概要

ストラクチャーデッキ「リバース・オブ・シャドール」で初登場。
リチュア・エリアルのリメイク版と思われる下級モンスターだが、種族は影霊衣の巫女エリアルがベースなのかサイキック族である。
水属性なので、エルシャドール・アプカローネの属性違いの素材として使いやすい。

リバース時の効果はシャドールの守備表示で帰還する効果。主に偽典で除外したシャドールを再利用する効果となっているため、最序盤では扱いにくいものの聖選士との相性が良く「聖選士の墓地効果でエリアルをリバース&コストで除外したシャドールをエリアルの効果で即座に帰還させる」という動きが可能。特に融合体のネフィリムの効果を1ターンに複数回発動させる動きが強力で、横並べさせる先行展開のために使用される。

墓地送り時の効果はお互いの墓地のカードを合わせて3枚まで除外する効果。
直接アドバンテージを稼ぐ効果ではないものの、種類を問わない除外による妨害をメインデッキに自然と組み込めるというのが非常に強力。
墓地利用の多いデッキはもちろんの事、回収効果の関係で重要だが複数枚投入が避けられるカードのあるデッキ(ドラゴンメイドのお召し替えなど)や、戦闘可能なモンスターを絞ったデッキ(エルドリッチ閃刀姫など)には強烈に刺さる。
滅多に使うことはないが自分の墓地のカードも除外可能である。使い所としては召喚師アレイスターを除外して召喚魔術の墓地効果に繋げるといった混ぜ物の除外に関するギミックを利用するといったものになる。
その他の用途では盤面に干渉しない効果故に状況次第では「無効にされても問題ない効果」である事を利用し、同時発動する別の墓地効果のチェーンに被せてアポロウーサなどの誘発即時の効果無効を回避するといったものになる。

墓地及びリバース効果の両方で直接アドバンテージを稼いでくる他のシャドールと比べると地味であり、最序盤で手札に来ると邪魔な時もあるが、上記の強みから最低1枚、環境次第では複数枚必須のメインデッキのシャドールモンスターだと言えるだろう。

余談

カードイラストを見るに、かつての大戦で命を落としたリチュア・エリアルが、インフェルノイドの真空管に囚われている様子である。

このカードの種族がサイキック族に変化して居る事から、この時点で「影依の巫女」にされたのだろうか。ティエラの敗北を期に復活しており、ウィンダが精霊獣使いウィンダに変化したように、彼女もまた影霊衣の巫女エリアルとして変化した思われる。
なお、巫女であったウィンダと違って巫女にされて理由や一連の出来事に関しての詳細は現時点で不明である。

関連タグ

遊戯王OCG サイキック族
シャドール エルシャドール・アプカローネ
リチュア・エリアル 影霊衣の巫女エリアル
水霊使いエリア

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「影依の巫女エリアル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13272

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました