ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

エルシャドール・アプカローネとは、遊戯王OCGに登場する闇属性魔法使い族融合効果モンスターである。

カードテキスト

融合・効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000
属性が異なる「シャドール」モンスター×2
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果を無効にする。
(2):このカードは戦闘では破壊されない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「シャドール」カード1枚を選んで手札に加える。
その後、手札を1枚選んで捨てる。

解説

ストラクチャーデッキ「リバース・オブ・シャドール」の強化パックで初登場。
人形の姿が「イビリチュア・マインドオーガス」に酷似しており、また上半身の杖にはセイクリッドの紋章が、下半身の魚型にはリチュアの紋章が施されている。
属性が異なるシャドールのうちよく使用されるのは影依の巫女エリアル影霊の翼ウェンディ、もしくはエクストラデッキのエルシャドールとなる。闇属性と比べると枚数が少なくなりがちなので、偽典による墓地融合、影依融合によるデッキ融合を行う際はそれぞれの残りの属性違いのシャドールの枚数を忘れないようにしておきたい。

超融合」要員にはなれないが、ミドラーシュと同様に「同時に2枚のシャドールを墓地に落とせるカード」でもある事は覚えておこう。

特殊召喚時の効果は対象の効果を永続的に無効とする効果である。モンスターだけでなく永続魔法罠にも使用可能なため、使われると非常に面倒な「王宮の勅命」などの永続効果を持つカードの無効化が可能。写し身や偽典のようなスペルスピード2の融合魔法と合わせれば「スキルドレイン」の無効化が狙えることや、融合召喚以外の特殊召喚でも使用できるので影光の聖選士から効果無効を飛ばせることも覚えておこう。

戦闘破壊耐性も単純ながら悪くない効果で、相手のバトルフェイズ中に特殊召喚することでそのまま戦闘ダメージをシャットアウトさせることが出来るのは強力で、悪くない場持ちが期待できる。

墓地に送られた際の効果は他のエルシャドールと違い、デッキ及び墓地からモンスター・魔法・罠を問わずシャドールカードを確保できる効果を持つ。
回収後に手札を1枚捨てなければならないとはいえ非常に強力で、先行で偽典を持って来て相手ターンミドラーシュを狙う基本的な展開はもちろん、既に墓地に落したシャドールを拾ってからそのまま捨てることで墓地に送られた時の効果を再使用することが出来る。伏せ除去のドラゴンと3枚除外のエリアルはこの効果で使いまわす場面もあるので有効活用していこう。
これ以外にも同名カードを含むエルシャドールをエクストラデッキに戻すことも可能である。なお、この場面は手札にカードが加わっていないので、手札を捨てる処理も行われないので誤って捨てないように。


マスターガイド5以降の登場であるため、ストーリー内の立ち位置は謎、ドラグニティといい端末世界のカード群は後で強化する際に不都合が出ることがあるかもしれない。

関連タグ

遊戯王OCG
シャドール エルシャドール・ネフィリム 
融合モンスター 闇属性 魔法使い族
影依の巫女エリアル イビリチュア・マインドオーガス
クリフォート

外部リンク

遊戯王カードWiki - 《エルシャドール・アプカローネ》

関連記事

親記事

エルシャドール えるしゃどーる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「エルシャドール・アプカローネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89811

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました