ピクシブ百科事典

目次[非表示]

エルシャドール・アプカローネとは、遊戯王OCGに登場する闇属性魔法使い族融合効果モンスターである。

カードテキスト

融合・効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000
属性が異なる「シャドール」モンスター×2
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果を無効にする。
(2):このカードは戦闘では破壊されない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「シャドール」カード1枚を選んで手札に加える。
その後、手札を1枚選んで捨てる。

概要

ストラクチャーデッキ「リバース・オブ・シャドール」の強化パックで初登場。
人形の姿が「イビリチュア・マインドオーガス」に酷似しており、また上半身の杖にはセイクリッドの紋章が、下半身の魚型にはリチュアの紋章が施されている。

超融合」要員になれないことで、他のエルシャドールとは明確に差別化されている。
現状、属性が異なるシャドールは影依の巫女エリアル影霊の翼ウェンディ聖なる影ケイウス、もしくはエクストラデッキのエルシャドールであるため、基本的に他のエルシャドールを素材とするのが主な動きとなる。
いざ使われると面倒な「王宮のお触れ」などの永続効果を持つカードを無効化する効果を持つ他、戦闘破壊耐性や墓地に送られた際、デッキなどから魔法・罠などを問わずシャドールカードを確保できる効果を持つ。
ステータスは融合モンスターとしては高いほうではないが、かといって表示形式変更などであっさり突破されるほど脆弱という訳でもなくないため、耐性や除去への牽制として有用な効果もあって、場持ちは悪くない。
通常召喚されたモンスターにもそつなく対応できる効果であるため、他のシャドール融合体との役割分担は難しくないと思われる。

マスターガイド5以降の登場であるため、ストーリー内の立ち位置は謎、ドラグニティといい端末世界のカード群は後で強化する際に不都合が出ることがあるかもしれない。

関連タグ

遊戯王OCG
シャドール エルシャドール・ネフィリム 
融合モンスター 闇属性 魔法使い族
影依の巫女エリアル イビリチュア・マインドオーガス
クリフォート

外部リンク

遊戯王カードWiki - 《エルシャドール・アプカローネ》

関連記事

親記事

影依の巫女エリアル のぇるしゃどーるえりある

pixivに投稿された作品 pixivで「エルシャドール・アプカローネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25673

コメント