ピクシブ百科事典

召喚師アレイスター

しょうかんしあれいすたー

召喚師アレイスターとは、トレーディングカードゲーム『遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ』のモンスターカードの一種である。 闇属性・魔法使い族の下級モンスターである。 英語名は「Aleister the Invoker」。
目次[非表示]

カードテキスト

召喚師アレイスター/Aleister the Invoker
効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1800
(1):このカードを手札から墓地へ送り、
自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。
デッキから「召喚魔術」1枚を手札に加える。
2017年10月1日制限カード指定、2018年4月1日準制限カード指定。

関連タグ

遊戯王OCG
効果モンスター レベル4 闇属性 魔法使い族
召喚魔術
アレイスター・クロウリーモチーフと思われる実在の人物。独自の魔術研究を行った「魔術師」)

関連カード

(フィールド・墓地に存在する限り「召喚師アレイスター」として扱う効果を持つリンクモンスター

「召喚師アレイスター」のサポートカード


効果上直接的な関連性はないが、カード名、イラストに関連性が見られるカード。

(後述の「召喚獣」モンスターサポートカード。「To Mega Therion (ト・メガ・セリオン)」とはギリシャ語で「大いなる獣」を意味する。アレイスター・クロウリーの名乗った魔法名の一つであり、アレイスター・クロウリー自身の思想セレマ」においては「黙示録の獣」と関連づけられる)

(後述の「召喚獣」モンスターサポートカード。アレイスター・クロウリーは自身の思想「セレマ」を『法の書』(正式名:Liber AL vel Legis, sub figura CCXX)と呼ばれる自身の著作物において著している)
(「魔導」の名と魔導書、魔法使い族をサポートする効果を持つリンクモンスター。
カードイラストの人物は同じくアレイスター・クロウリーをモチーフとすると思われるモンスターカード「召喚師アレイスター」と酷似している。
また、「魔導」のモチーフは基本的にタロット大アルカナであるが、アレイスター・クロウリーはタロット解説書『トートの書』及び『トート・タロット』と呼ばれるタロットカードの出版を行った魔術師としても知られる)

召喚獣」モンスター

アレイスターさん


召喚獣エリュシオン以外は「召喚師アレイスター+自身と同じ属性のモンスター」という融合素材指定を持つ融合モンスター群。
召喚獣エリュシオンも「召喚獣」モンスターを融合素材に指定するため召喚師アレイスターをほぼ必須とする。

光属性(自身の効果によりモンスターゾーンに存在する限り、属性は「闇」「地」「水」「炎」「風」としても扱われる)


闇属性


光属性


地属性


水属性


炎属性


風属性


外部リンク

遊戯王カードwikiにおける「召喚師アレイスター」の項目

pixivに投稿された作品 pixivで「召喚師アレイスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6800

コメント