ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

遊戯王OCGにおける「魔導」

  1. 「魔導」と名のついた、「魔導書」及び「魔導」に関係する効果を持つモンスター。一般的に「魔導」と言えばこれらのモンスターを指す。
  2. 「魔導」と名のついたレベル3のモンスター。OCGのルール上での「魔導」カテゴリであり、現在は魔導術士ラパンデのみがこれらに関する効果を持つ。

概要

第8期ブースターパック「RETURN OF THE DUELIST」で登場した(ただし実際にカテゴリ化したのはラパンデが登場した「ABYSS RISING」から)。

属するモンスターは全て魔法使い族であり、ラパンデ以外のモンスター全員が「魔導書」と名のついたカードに関係する効果を持っている。


属するモンスターの名称やイラスト(向いている方向・ポーズ・持ち物)は全てタロットカード大アルカナがモチーフとなっている。また、魔導法士ジュノン魔導法皇ハイロン以外のモンスターの名前の由来は大アルカナのフランス語表記から来ている。

え?アルカナフォースはどうしたって?知らん、そんな事は俺の管轄外だ


「魔導」モンスター一覧

タロット番号順に掲載。括弧内は「魔導書」のカード。


JUDGEMENT OF THE LIGHTにてついに世界の魔導モンスターが登場。タロットの絵柄が全て出揃った。海外先行カードも2013年5月に来日し、日本語版の「魔導」カードが全て揃った。


番外

魔導原典 クロウリー

名前こそ大アルカナに由来しないものの、「魔導」の名と魔導書、魔法使い族をサポートする効果を持つリンクモンスター

モチーフと思われる実在の人物、「アレイスター・クロウリー」はタロット解説書『トートの書』及び『トート・タロット』と呼ばれるタロットカードの出版を行った魔術師として知られる。

また、カードイラストの人物は同じくアレイスター・クロウリーをモチーフとすると思われるモンスターカード「召喚師アレイスター」と酷似している。



関連項目

遊戯王OCG 遊戯王OCGの特殊カテゴリー一覧

魔法使い族

アルカナフォース タロット


召喚師アレイスター

召喚獣 ウィッチクラフト エンディミオン マギストス

関連記事

親記事

遊戯王OCGの特殊カテゴリー一覧 ゆうぎおうおふぃしゃるかーどげーむのとくしゅかてごりーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 201777

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました