ピクシブ百科事典

魔導皇士アンプール

まどうこうしあんぷーる

遊戯王OCGに登場する、闇属性・レベル5・魔法使い族の効果モンスター。
目次[非表示]

カードテキスト

魔導皇士アンプール
効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻2300/守2000
このカード以外の自分フィールド上に表側表示で存在する魔法使い族モンスター1体と、
自分の墓地の「魔導書」と名のついたカード1枚をゲームから除外して発動できる。
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、エンドフェイズ時までコントロールを得る。
「魔導皇士 アンプール」の効果は1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

解説

闇属性・魔法使い族の上級モンスター。カードのモチーフはタロットカード皇帝
魔法使い族モンスターと墓地の「魔導書」をコストにコントロール奪取を行える。

上級モンスターであるが、闇属性・魔法使い族のため魔導召喚士テンペルからリクルートできる。
効果は強力なコントロール奪取であるが、非常に重いコストを要する。上級モンスターである上、上記のような召喚方法を駆使しても、もう一体の魔法使い族モンスターを揃えるのは難しい。さらに効果を発動してもこのカード自身は攻撃できず、奪ったモンスターもエンドフェイズにはコントロールが戻ってしまう。
よって総じて扱いにくいモンスターであり、【魔導書】ならば他にも優秀な上級モンスターが存在するので、このカードを活用するならば魔導皇聖トリス等のランク5エクシーズを狙う構築にするのが良いだろう。


OCGにおける立場・元ネタ

ブースターパック「RETURN OF THE DUELIST」で登場した「魔導」シリーズのモンスターの1体。このカードはその次のブースターパック「ABYSS RISING」で登場した。
イラストではやや左側を向いた姿や、手にした杓の形状など、元ネタであるタロットカード(マルセイユ版)のデザインと共通点が見られる。
カードの番号は4、正位置では「支配、成就、権威、行動力」、逆位置では「未熟、横暴、傲慢、無責任」などを意味する。コントロール奪取効果や重いコストはまさにその意味を体現しているとも言える。



関連タグ

遊戯王OCG 魔法使い族
魔導 魔導書

pixivに投稿された作品 pixivで「魔導皇士アンプール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1875

コメント