ピクシブ百科事典

愛のあるセックスの中で、アナルセックスをしているもの。

恋人同士のセックス

ヨーロッパではキリスト教の影響で、婚前交渉が許されず、夫婦以外のセックスは原則として禁止されていた。
とは言え、ヴァギナに挿入しない限りセックスとはみなされなかったため。恋人同士のセックスは、原則としてアナルを使ったアナルセックスが行われていた。

アナルセックスは中出しアナル中出し)であっても妊娠しにくく、避妊にも使われるが、妊娠の責任を取らないから愛がないというわけではなく、恋人同士の愛を象徴するものであった。

愛のあるアナルセックスの愛とは、夫婦愛よりも新鮮である純粋な恋愛であり、若さを象徴しているタグであると言える。

強引にアナルへの挿入を行うと痛みを伴うこともあるため、男性は挿入を慎重に行う必要があるし、女性の方もアナルをほぐすためにアナルオナニーでアナルを予め鍛える必要もある。
そういった点で愛のあるセックスより慎重さと労りを必要とするのが愛のあるアナルセックスである。

夫婦間の正常位以外のセックス

また、カトリックは夫婦間であっても正常位以外のセックスの体位を禁止し、特に騎乗位を禁止していたため、様々な体位でセックスを楽しく際も、特に女性上位で行う場合はアナルセックスで行う必要があった。
とりわけ騎乗位はアナル騎乗位というタグが用いられることもあるが、正常位以外の体位は、後背位でも背面座位でもアナルに挿入しやすい。

コメント