ピクシブ百科事典

愛戦士ニコル

あいせんしにこる

愛戦士ニコルとは、コナミから発売されたファミコンのゲームである。
目次[非表示]

概要

コナミが1987年4月24日に発売したファミリーコンピュータディスクシステム用のゲームソフト。トップビュータイプのアクションゲームで、画面切り替えとスクロールを併用。ゲームは全7ステージで構成。各ステージには、牛魔王によって3つに分解された異次元空間移動装置が埋め込まれている「クリスタルダイヤモンド」が存在し、3つ集めることでステージクリアとなる。プレイヤーはステージに点在するアイテムを獲得することにより、通常弾や防御力を上げることが可能。画面下部に表示される体力ゲージが0になるとゲームオーバーとなる。コンティニューは可能。通常であれば、フィールドにおいて落とし穴などで足を踏みはずすとゲームオーバーという場合が多いが、このゲームでは落ちても地下のステージが用意されていて、ゲームオーバーとはならない。しかしダメージを受けるゾーンが多く、余計なダメージを受けたくなければ連続ジャンプが必須である。ワープポイントで地上の踏み外した地点へ戻れる。

ストーリー

それは、遠い未来の地球のお話。NEO TOKYOに住む14歳の天才少年科学者ニコルは、ガールフレンドのステラと共に異次元空間移動装置を研究していた。ところが、地球からはるかかなたにあるダイラス星に住む牛魔王という軍事帝国の独裁者(おまけに、星の住人や動物をバイオモンスターとよばれる怪物に改造し、宇宙征服を企んでいるらしい)が装置を売れと要求してきた。「こんな悪人に装置を渡したら宇宙の平和は乱れてしまう」と考えたニコルは当然それを断った。しかし、牛魔王がこんなことで諦めるはずもなく、牛魔王は自分の手下であるバイオモンスター(「グズネイラ」というステージ6のボスキャラ)を地球に送り込み、デート中のニコルとステラを襲わせた。ステラを連れ去られてしまい、装置はニコルが研究所を留守にしている間に牛魔王の別の手下に盗まれてしまった。しかし、装置は未完成でニコルのもっている1個のパーツをとりつけないと作動しない。案の定、牛魔王はパーツとステラの交換を要求してきた。牛魔王があっさりステラを帰すわけがないと考えたニコルは、単身ダイラス星にのりこんでいった。

関連タグ

ファミコン コナミ

関連記事

親記事

コナミ こなみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「愛戦士ニコル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 502

コメント