ピクシブ百科事典

新砲塔チハ

しんほうとうちは

新砲塔チハとは、大日本帝国陸軍が運用した九七式中戦車(47mm戦車砲搭載型)の一般的な通称の1つ。

概要

もともとは、新中戦車向けの試作砲塔のテストベッドであり、量産を企図したものではなかった。
使用された九七式中戦車の車体はこの砲塔を搭載するため、
砲塔リングを僅かに拡大させるなどの回収が施された。

その原形は、太平洋戦争開始の1年前には既に存在していたという説もある。

量産化が決定したキッカケは、太平洋戦争の開戦直後に既存の戦車ではアメリカ軍戦車に対抗困難であるという報告を受けたことである。

関連記事

親記事

pixivに投稿された作品 pixivで「新砲塔チハ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 409

コメント