ピクシブ百科事典

SU-76

すーせーみぢすゃとぅしぇーすち

第二次世界大戦中、ソ連が開発・運用した自走砲。

第二次世界大戦中、ソ連が開発・運用した自走砲で、T-70軽戦車の車体を流用して造られた。

ソ連での自走砲開発は1930年代から続いていたが、砲兵との縄張り争いにより頓挫していた。
しかし、第二次世界大戦が始まるとドイツ軍III号突撃砲の活躍に刺激されて研究が進み、ドイツと開戦すると前線では一台でも多くの戦闘車両が求められた。

1943年1月、ギンツブルク技師がT-70軽戦車のシャーシにZiS-3/76mm野砲(ドイツ軍から「ラッチュ・バム」と仇名された)を搭載するSU-76を設計した。
当初戦闘室は密閉式だったが、排煙がこもってしまうため上部装甲は撤去された。
クルスクの戦いの頃から実戦投入され、6月から改良型のSU-15、10月からオープントップ型となったSU-15Mが生産を開始。16,698輌も生産された。

ソ連にとって安価な自走砲を大量に運用できる事は有意義だったが、防御力が低いため損害も多く、兵士たちからは「雌犬」、「裸尻のフェルディナント」などの蔑称で呼ばれた。

関連記事

親記事

自走砲 じそうほう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「SU-76」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38

コメント