ピクシブ百科事典

T-70

てぃーななじゅう

T-70とは、ソ連軍が運用した軽戦車である。
目次[非表示]

概要

開発経緯

1941年末に量産を開始したT-60ではあったが、N.A.アストロフ技師は火力のさらなる向上を目指し火砲開発をしていた第92工場設計局とともにT-60の火力向上型の開発を開始することとなる。

開発

1942年4月にT-60の20㎜機関砲から45mm戦車砲ZIS-19BMの搭載、それに合わせて新設計された新型砲塔を搭載した車両が完成し『T-60-2』と呼称された。このT-60-2にさらに装甲と機動性能を改善した新型車体を持つ『T-45』という呼称の軽戦車の開発を企図した。当初計画していたT-45の開発コンセプトは、45mm戦車砲装備し1名用砲塔を持ち、車体装甲厚を25~45mmとするとともにT-34中戦車のように傾斜装甲とすることで防御力を中戦車並みとしZIS-80ディーゼル・エンジンを搭載するというものであった。しかし、1942年春になっても戦線は安定せず前線への1輌でも多くの戦車が求められたため、車体は新規設計を予定していたがT-60をベースに拡大、エンジンをZIS-80からGAZ-202の二基に変更するなどの下方修正をした上で急ぎ『T-70軽戦車』として正式採用された。

生産

T-70は1942年中に4883輌、1943年に3343量が生産され1943年に生産が終了されるまでに8226輌が生産されたようである。

実戦

T-70が戦場に姿を見せるのは1942年の夏から秋にかけてである。1942年11月の天王星作戦や城塞作戦など独ソ戦中期の重要な作戦に参加している。1945年に至っても戦線で姿が見られ、1944年からソ連軍指揮下に再建されたポーランド人民軍戦車隊にもT-70が供与されている。
しかし、装甲火力ともに向上した本車ではあるが決してドイツ軍の戦車に対して優位であるとは言えなかった。


関連タグ

軽戦車 T-60 ソ連

pixivに投稿された作品 pixivで「T-70」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 244

コメント