ピクシブ百科事典

日和坊

ひよりぼう

日和坊とは日本に伝わる妖怪。晴れを司る妖怪で、てるてる坊主はこの妖怪の霊を祭ったものとされる。

常州の深山にあるよし
雨天の節は影見えず、日和なれば形あらはるゝと云
今婦人女子てるてる法師なるものを紙にてつくりて晴をいのるは、この霊を奉れるにや

鳥山石燕『今昔画図続百鬼』より

概要

日和坊とは、日本に伝わる妖怪
夏の日和、常陸国の山などに現れる。晴れた日に山の岩肌に現れ、雨天時には姿を見せないとされる。

鳥山石燕の妖怪画集『今昔画図続百鬼』の解説文によれば、てるてる坊主を吊るして晴れを祈るのは、この妖怪の霊を祀るものとされる。

民俗学者・藤沢衛彦の説によれば、日和坊は中国の日照り神)と同一のものとされる。
また民俗学者・宮田登によれば、西日本ではてるてる坊主のことを日和坊主と呼ぶそうである。

関連タグ

妖怪
日和坊(阴阳师)

pixivに投稿された作品 pixivで「日和坊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6221

コメント