ピクシブ百科事典

昭五式軍衣

しょうわごしきぐんい

昭五式軍衣とは日本陸軍に存在した軍服である。
目次[非表示]

歴史

その名の通り昭和5年4月に勅令74号に基づいて採用される。
後九八式軍衣へ移行するが、日華事変、大東亜戦争を通して運用され、一部部隊では終戦まで使われ続けた。
実際の兵士は戦闘用、礼装用など複数支給されていた。

構造

詰襟と鍬形兵科章、肩章など、明治後期から続く特徴を備えつつ実戦向きに改良されてきており、後々も簡略化されていく。
先の四五式改と見た目は変わらないが、裁断方法などに変化がみられる。
生地は基本的にカーキ色だが、地域や部隊によって異なる。
将校用、歩兵用と二種類あり、それぞれ生地や構造が違っている。

昭五式の登場する作品

226
山河燃ゆ

関連タグ

日本陸軍 大日本帝国陸軍
昭五式:略称タグ
軍服

pixivに投稿された作品 pixivで「昭五式軍衣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1153

コメント