ピクシブ百科事典

朱鬼

しゅき

朱鬼とは、仮面ライダー響鬼に登場する鬼の1人である。
目次[非表示]

「私ほど鬼である者はいない!」

CV:片岡礼子
スーツアクター:永瀬尚希

概要

かつての鬼である女性・シュキが轟鬼から奪った音錠で変身した姿。

かつて肉親を奪った魔化魍ノツゴへの憎しみから猛士の鬼となり、斬鬼を弟子として彼に呪術を教えていた。
しかし斬鬼を巻き添えにノツゴを斃した事から猛士を追放され、ノツゴが再び出現する事を察知して鬼の数が足りない時に使用されていた「鬼の鎧」を奪うなどの騒動を起こした。
しかしその一方、魔化魍のスーパー童子・姫やノツゴに敗れて川に落ちた天美あきらを助けたりもしている。

外見

額の鬼面が顔全体を覆っている。身体は赤で腕は白。(鬼面が顔を覆っている理由については
復讐に心奪われ、鬼の心が肥大化したことを表しているとする説がある。)

人間態

本名・品川栞(しながわ しおり)

とされており、『全戦士超ファイル』など、公式サイドの後年の書籍にもこの名で記されているが、作中でこの名は登場しておらず、一説によると2006年頃からネット上で流布されるようになった出典不明の呼称がそのまま定着してしまったのが真相らしい。

見た目は30代の女性に見えるが、それは呪術によって若く見せている物であり、ザンキ曰く実年齢は相当な老齢で「トドロキの祖母よりもっと年上」らしい。
華道教室を開いている。

装備

音撃弦・鬼太樂(きたら)

ハープ型の音撃武器で、使用時は呪術によって手元に召喚する。弦を奏でる事で攻撃・防御に優れた波動を放つ事が出来る。
名前の由来は古代ギリシャの弦楽器キタラから。

音撃奏・震天動地(しんてんどうち)

鬼太樂を奏で、圧縮した波動を矢のように放つ。

余談

海外を除いて史上初、TVで登場する女性ライダーである。同時に同作の天美あきらのあきら変身体は平成初の女性擬似ライダーである。響鬼は伝統色の強い作品でも戦う女性はしっかり重視されている。

関連タグ

仮面ライダー響鬼 斬鬼 天鬼

関連記事

親記事

音撃戦士 おんげきせんし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「朱鬼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35264

コメント