ピクシブ百科事典

東ナオト

あずまなおと

アニメ「タイガーマスクW」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:八代拓

概要

アニメ「タイガーマスクW」の主人公の一人。
伝説のマスクを被る覆面レスラー・「タイガーマスク」として活躍する。

孤児院出身だったこれまでのタイガーとは異なり、被災地出身のタイガーである。
家と家族を失い、途方に暮れていたナオトだったが、ある日復興支援のために興行を行った、弱小団体「ジパングプロレス」に感銘を受け、入門を志しプロレスラーとなった。
これと後述した経緯から、歴代タイガーの中で唯一、虎の穴出身者でないタイガーにもなっている。

来歴

ジパングプロレス社長である、藤井大助に認められ、練習生として鍛錬の日々を送っていたナオト。
しかし、物語が始める3年前、そんなナオトとジパングプロレスを、悲劇が襲うことになる。
巨大プロレス団体「GWM」が日本マットを侵攻した際、生贄に選ばれた大助は、覆面レスラー・イエローデビルによって、再起不能の重傷を負わされてしまったのだ。
ナオトと、同じく練習生で藤井の息子である藤井タクマは、GWMとイエローデビルを必ず倒すと固く誓う。

そして時は流れ、かつてレスラーだった高岡拳太郎の指導の元、たくましく成長し鍛え上げられたナオトは、GWMが再び日本上陸したとの報を聞き、タイガーマスクを名乗って戦いを挑むのであった。
そのGWM所属レスラーの一人「タイガー・ザ・ダーク」の正体が、かつての盟友であるタクマであるとも知らずに……

必殺技

猛虎重爆

敵にサマーソルトキックを見舞い、反動で跳ね返ったところからのダブルフライングニードロップ。
これを浴びた相手の首を掴み、諸共にリングに叩きつけるという荒技である。
三つの技をコンボで決めるという、極めて難度の高い技であるため、当初はニードロップを打ち込むのがやっとだったが、イエローデビルとの再戦にて完成を見た。
なお、この技名は高岡の発案であり、当初から存在していたのだが、皆が納得しなかったため不採用になり、結局最後まで呼ばれることはなかった。

タイガー・ファング

キングタイガーのかかと落としを参考にしながらも、決定打に至らせることができなかったナオトが、特訓の末に新たに完成させた必殺技。
上方からのかかと落としを決めた直後に、空いたもう片方の足で下方からの膝蹴りを見舞う。これにより敵の頭部を上下から圧迫し、ダウンに至らしめるという技である。
側面から仕掛ける横入り式は、敵の肩を挟み込む形になり、ここから腕を固めるサブミッションに繋げることが可能。
猛虎重爆に比べるとまだシンプルな構成をしており、格段と扱いやすいように見えるが、間合いを崩されると膝が挟み込めないという欠点もある。
なお、当初高岡は「虎鋏」という技名をつけていたのだが、やっぱり誰からも納得されなかったため、高岡春奈の独断でこの技名に変更された。

タイガー・トルネード・プレス

フェニックス・スプラッシュ。
アニメではない現実世界では、初代タイガーマスクが考案するも、お披露目が叶わなかった幻の技として語り継がれている。そしてアニメの世界において、ふくわらマスクがこの名をつけたことで、遂に「タイガーマスクによるタイガー・トルネード・プレス」が実現することになった。

関連タグ

タイガーマスクW タイガーマスク 藤井タクマ

pixivに投稿された作品 pixivで「東ナオト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12351

コメント