ピクシブ百科事典

東方三兎

とうほうさんうさぎ

東方三兎とは、東方Projectに登場する因幡てゐ、鈴仙・優曇華院・イナバ、レイセンの三人による二次創作グループである。
目次[非表示]

概要

東方Projectに登場する因幡てゐ鈴仙・優曇華院・イナバレイセンの三人によるグループ。
いずれも種族が(広義の)である。
詳細を見る時、てゐは地上の兎であり、鈴仙とレイセンは玉兎(月の兎)である。

登場作品

てゐと鈴仙は『東方永夜抄』、レイセンは『東方儚月抄』にそれぞれ初登場した。
さらに『儚月抄』では三者全員が登場している。

『儚月抄』小説版・漫画版では三名は登場はおもに個別に登場し、交流という点では鈴仙とてゐが会話するにとどまりレイセンがこの二人に混ざることはない他、鈴仙とレイセンの二人の間を見る時、別々に話題に上ることはあっても直接対面することはない(てゐとレイセンは直接会う場面がある)。
しかし『儚月抄』4コマ版(月のイナバと地上の因幡)では三名がしっかり交流する様が描かれている。

三名の関係性

レイセンが地上へと鈴仙に接触しつつ地上に降り立ち、てゐがその現場にやってきたところから4コマ版『儚月抄』における「東方三兎」ははじまる。
4コマ版『儚月抄』ならではのレイセンのポンコツぶりを受けたてゐが即座に策を打って立ち回り、鈴仙と協力して事を穏便に進めようとするなど、その出会いからしてこの三名の立ち位置のようなものが如実に表れている。
そしてその後の三名の動きにおいても最もしたたかに立ち回るのもまたてゐである。

ただし4コマ版『儚月抄』におけるてゐの必殺トラップである落とし穴に鈴仙は見事に落ちたが、レイセンにはその描写が無いこともあり、必ずしも一面的にてゐ一強というわけでもないようだ。
一方レイセンはてゐに敬服の念があるようである。

三名以外の人間関係

三名はいずれも八意永琳にそれぞれの形で強い縁がある。
永琳はてゐにおいては上司であり、鈴仙においては上司にして命の恩人である。
レイセンからみれば漫画版『儚月抄』において永琳とはひと時ながら緊張を余儀なくされたものの、その後は角が立たぬよう綿月姉妹に取り計らってもらえたこともあり、漫画版後半や4コマ版等で登場できるような居場所を確保してもらうことができた。

永琳以外では、この綿月姉妹と「東方三兎」の三名の関係を見る事が出来る。
綿月豊姫からは元々月にいたころに目をかけられていた鈴仙や永琳の手紙を受けて処遇や待遇に温情をかけているレイセンだけに限らず、4コマ版ではてゐも気に入られている様子が見られる。
てゐも物怖じせずに取引を行おうとするなど、こちらも悪い印象ではないようである。
ただし豊姫が地上の兎を月に連れ帰ることは認めなかった。

また綿月依姫が稽古をつけようとした際にてゐは「 負ける戦いはしない主義なのさ 」と早々に依姫側についているなど、ここでもてゐの目ざとい策士ぶりが発揮されている。
しかしながら鈴仙とレイセンが歯がたたなかった依姫に文字通りの土をつけたのも他ならぬてゐの「 プロデュース 」による策であるなど、永遠亭やその関係者を絡めて一筋縄でない人間関係が「東方三兎」たちの周りでは展開されているのである。

関連イラスト

うさぎ年
あけましておめでとうございます。
兎玉!
合わせてみた



関連タグ

東方Project
因幡てゐ 鈴仙・優曇華院・イナバ レイセン
永遠亭 月の都
東方Project(二次創作)
東方Projectのグループ名一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「東方三兎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49299

コメント