ピクシブ百科事典

柳生一門

やぎゅういちもん

漫画「銀魂」に出てくる一族及びその門弟のこと
目次[非表示]

概要

先祖代々将軍家の剣術指南役として幕府に仕えてきた武術の名家。
立派な道場と屋敷があり、柳生家とその門下たちは日夜剣術修行に励んでいる。

柳生家一族

現在分かっているのは以下3名。

柳生九兵衛

柳生家次期当主。詳細は個別記事へ。

柳生輿矩(やぎゅうこしのり)

九兵衞の実父であり柳生家現当主。
柳生流の剣術とセレブの血筋を守ることに全身全霊を注いでいる。猫アレルギーだが、セレブらしく振る舞うために無理してペルシャ猫を飼ったり、九兵衛に自分のことを「パパ上」と呼ぶように教えている。
妻(九兵衛の母)は九兵衛を生んですぐに他界している。その後跡継ぎ問題になり、後妻を娶るよう周りから何度も説得されてきたが、亡き妻への深い愛と、一族内での我が子の立場を守るため頑なに断り続け男手一つで一人娘を育ててきた。
そのため九兵衞は女の身でありながら心は男として成長しており、そのことに責任を感じている節がある。
柳生篇以降長らく出番がなかったが、年賀状回(写真のみ)・ビームサーベ流篇において再登場した。

柳生敏木斎(やぎゅう びんぼくさい)

九兵衛の祖父であり柳生家前当主。
名前の通り貧乏臭いところがあり、散歩の際ガラクタを拾ってきては息子の輿矩に小言を言われている。
性格は奔放で突拍子もない行動が目立ちがちだが、“柳生家始まって以来の天才”と謳われる九兵衛に剣術指導をした張本人であり、自身もまた歴代当主の中でも最強と名高い実力者である。
小柄な体型と俊敏さを活かした型のない戦法が得意で、銀時とまともに勝負をして彼を下した数少ない人物。またお妙の手料理を食べ腹を壊しただけで済んだ唯一の人でもある。
孫の九兵衛を可愛がっており、彼女とお妙との結婚に賛成する意向を示していたが、その一方で2人の胸中をそれとなく察していた。
輿矩と同様柳生篇以降長らく出番がなかったが、年賀状回(写真のみ)とビームサーベ流篇において再登場した。

柳生四天王

門弟の中でも特に腕の立つ4名。別名「暴れん坊四天王」。詳細は個別記事へ。

東城歩

西野掴

南戸粋

北大路斎


その他

お滝

柳生家に仕える女中たちのトップ。通称「オババ」。
「いびり」が得意で、今まで数々の奉公人や次期当主花嫁候補をいびり倒しノイローゼに追い込んできた。
しかしお妙には全く通用せず、逆に自分の立場を脅かす存在になるとして恐れを感じていた模様。

ビチグソ丸

九兵衛のペットの小猿。詳細は個別記事へ。

関連イラスト

もしも幼い頃に出会っていたら9
男女逆転「柳生」



関連タグ

銀魂 柳生篇 柳生四天王 武家

pixivに投稿された作品 pixivで「柳生一門」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9555

コメント