ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

後桃園天皇の第一皇女、母は近衛維子(関白近衛内前の娘)、女院号は新清和院。

生没年

安永8年1月24日(1779年3月11日) - 弘化3年6月20日(1846年8月11日

経歴

安永8年(1779年)3月11日に後桃園天皇の皇女として生まれた。同年に父の後桃園天皇が崩御し、天皇には欣子内親王しかいなかったので、閑院宮典仁親王の王子祐宮を養子に迎え即位させた。誕生から1年後内親王宣下、寛政6年(1794年)天皇に入内した。寛政12年(1800年)に温仁親王が生まれたが同年に夭逝、その後典侍勧修寺婧子が産んだ寛宮恵仁親王を実子となった。文化13年(1816年)に悦仁親王が生まれたが文政4年(1821年)に夭逝した。これで中御門天皇の系統は完全に途絶えた。
その後弘化3年(1846年)に崩御。

外部リンク

欣子内親王 - Wikipedia

関連タグ

皇族 内親王 皇后 後桃園天皇 光格天皇 仁孝天皇

関連記事

親記事

皇后 こうごう

兄弟記事

コメント