ピクシブ百科事典

昭憲皇太后

しょうけんこうたいごう

明治天皇の皇后。

慶応3年6月、左大臣一条忠香の三女勝子(まさこ)が、皇嗣祐宮睦仁親王の女御に治定された。
養母は伏見宮邦家親王の息女順子女王、生母は一条家の典医新畑大膳種成の女民子(花容院)。
勝子は「富貴宮」とも称したが、末姫なので寿栄君(姫)と改められた。
女御治定の翌年(明治元年)12月28日入内、皇后宣下を受けられた。
美子(はるこ)と称したのはこの折のことである。

嘉永2年のお生まれであるが、3年に改められている。
一条美子は19歳で、睦仁親王よりも3歳年上であるが、生年を早めたのは「四歳年上」を忌んでのことらしい。

皇后は幼少の頃から四書五経など漢学の素養を身に着けられ、和歌にも長じておられた。
秀歌をお詠みになられる明治天皇のよき話し相手となられた。
皇后の学殖が深く文藻の豊かなことは、『昭憲皇太后御集』によって拝することができる。
また皇后は時局の要請もあって、女子教育に意を用いられ、東京女子師範学校や華族女学校の開設に情熱を燃やされた。
慈善・社会事業の発展にも力を尽くされた。

才色兼備のお方であったが、不幸なことに蒲柳の質で、身体がお弱く、御子に恵まれなかった。
天皇との間にお生まれになった皇子女はお一方もおられない。
そこで歴代の伝統にならい、禁裡女官の中から側室を選ぶこととなった。
天皇は当初、皇后の立場を尊重され、側室を置くことに賛意をお示しにならなかった。
しかし女性としての発達がないおみおなかであるとすれば、側室を置かなければならず、天皇もついには皇后以外に多く女官を近侍させることになった。
明治12年8月31日、柳原愛子が皇子を出産。明宮嘉仁親王、後の大正天皇である。
天皇に近侍した女官は十指にあまる数であったらしいが、皇后はこれらに嫉妬されることはなかったという。
明宮がご誕生になると、皇后は心より喜ばれ、
大君のみそののたづもけふよりは 二葉の松の千代にともなへ
と詠まれている。

大変優しいお方で、それは誰に対してでもあったという。
天皇とは概して御仲睦まじく、お食事の時はお話を交わしながらとられることが常であった。
天皇に勧められたこともあり、晩年の皇后は葉山や沼津の御用邸に行かれることが多かった。
天皇の崩御後は「皇太后」の尊称を受けて青山御所で過ごされた。
大正3年4月11日、沼津御用邸において崩御。御寿65歳であった。
諡号は昭憲皇太后。御陵は伏見桃山東陵に定められた。

関連タグ

明治天皇 皇后 皇室

コメント