ピクシブ百科事典

氾王

はんおう

氾王とは『十二国記』に登場するキャラクターである。

小野不由美氏・著の小説十二国記』に登場する範西国国王のこと。
またはその人物をさす。
現在の氾王は呉藍滌。何の産業も無かった範国を、他国から輸入した材料で精度の高い細工物を作って輸出する事で繁栄させ300年に渡って統治している。その商売上、雁国と国交は深いが、粋で繊細な物を好む氾王と、無骨で豪放で質素を好む延王とは犬猿の仲。氾王本人の容姿は顔だけ女性の長身の男性。

関連タグ

十二国記 範西国 範国  

pixivに投稿された作品 pixivで「氾王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76239

コメント