ピクシブ百科事典

沙耶NEO

さやねお

沙耶NEOとは、対魔忍シリーズの登場人物である。
目次[非表示]

「沙耶NEOだよ♪なんか面白そうだから殺すのは後にして協力してあげる♪」

プロフィール

身長不明
スリーサイズ不明
性別
所属米連
属性科学
イラストカガミ
CV川瀬ゆづき


概要

決戦アリーナ及び対魔忍RPGに登場する人物。
東京キングダムの地下実験施設に残っていた初代沙耶にの細胞を米連が手に入れ、
その実験データを元に新たに作り出した人工魔族。
初代の覚醒状態における不安定さを払拭するために、生物兵器として効率の良い運用を目指して開発された。
非常に凶暴で制御も行われていないため、人が生み出したはぐれ魔族として気ままな殺戮を繰り返している。
瞳の色は赤だが魔力を下げられると金色(黄色)に変わる。
近距離に限るが一応強制的に無力化できる特別なリモコンも開発されている。

沙耶

対魔忍アサギ2に登場したNEOのプロトタイプにあたる。
朧のDNAを培養して誕生させた朧クローンがトップに立つ龍門が作り上げた人工魔族。
製造過程で魔と融合させやすくするために凌辱され、精神崩壊によって自殺した元くノ一の少女が素体となっている。その影響は生前とは比べられない凶暴な性格となってしまった。

過去にエドウィン・ブラックと交戦し手傷を負わせただけはあり、井河アサギ井河さくらを徹底的に苦しめ、痛めつけていったが魔の力に覚醒したアサギによって倒される。
最期は生前の心を取り戻し、さくらは殺せという命令に背いたこと、そして本当にしたかったことを「しまの、むこうで、あそんでみたかったな……」とアサギに伝え、彼女に看取られた。

NEOは初代のような蜘蛛型形態による変化と言った大げさな変化はできないが、その分、制御された魔力によって初代以上の戦闘力を発揮している。
容姿的な違いとしては初代が少女体型のショートカットに対してNEOがサイドテール、グラマー体型となっており、米連の技術によって触手も機械となっている。

決戦アリーナ

カードは四種類。
初代の沙耶も量産型として蜘蛛形態の状態で登場している。
ストーリー内では二度にわたって仮面の対魔忍の管理下から脱走しており、その度にに連れ戻されていた。
ふうま小太郎とは「闇の魔女の魔界都市」にてふうま時子を救いに来た際に遭遇し、戦闘となったが、最終的には捕獲され敢えなく強制送還され、その際にトミハラから米連に戻される間にふうまによって回想では黙らせるために性的調教されたのだが、再登場時に「お灸は据えてやった」という、あったともなかったとも取れる言い回しになっている。
ふうまのことを気にいってるらしく、回想内では妹にしてほしいと発言もしていた。

ちなみに沙耶エンドウという沙耶NEOそっくりの生き物もおり、一部の美食家から食材にされているらしい。

対魔忍RPG

ユニットはSRと配布SRの二種類。
イベント「沙耶NEOを抹殺せよ」にて初登場。 
こちらでは仮面の対魔忍ではなく特務機関Gの管轄となっている。

そのため危険性を察している彼女から沙耶NEOを抹殺する依頼を引き受けたふうまは仲間達と共に目的地へ向かい、捕獲に成功する…のだが、前作と同じく彼女になつかれてしまい、情が芽生えたふうまは殺すことができず、五車へ連れ帰るという決断をする。
道中では仮面の対魔忍率いるDSOと戦闘になるが、アサギと仮面の対魔忍の交渉の末に沙耶NEOは五車町にて保護されることになった。
ふうまになついたとはいえ、凶暴である彼女をアサギが保護を許したのはおそらく、初代との戦いから思うことがあったのかと思われる。

関連タグ

決戦アリーナ 対魔忍RPG
ふうま小太郎 甲河朧 井河アサギ

関連記事

親記事

決戦アリーナ けっせんありーな

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「沙耶NEO」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 787

コメント