ピクシブ百科事典

沙里院級コルベット

さりうぉんきゅうこるべっと

沙里院級コルベットとは、朝鮮人民軍海軍が運用するコルベットのことである。
目次[非表示]

概要

北朝鮮にて1965年頃から自主建造が開始。建造にあたって、旧ソ連製のトラル級コルベットFuga級コルベットを参考にしたとされている。3隻または4隻建造された模様。全隻が東海艦隊に配備されている。
現在、うち1隻が改修され、AK-230CIWSSY-2又はHY-2対艦ミサイルを搭載していると思われる。

諸元性能

満載排水量:490トン~650トン 全長×全幅:62.1メートル×7.3メートル 喫水:2.4メートル
機関:ディーゼルエンジン×2基2軸 出力:3000馬力 最大速度:21ノット 航続距離:2700海里(16~18ノット基準) 乗員:60~70名

兵装

ZIF-31 57ミリ連装速射砲×2、KPV14.5ミリ4連装機銃×4、RBU-1200対潜ロケット5連装発射機×2(513艦のみ)、対潜爆雷投下機×2
レーダー:水上レーダー×1、航海レーダー×1 ソナー:Stag Horn?(513艦のみ)
電子装備:チャフ発射機×(4連装)×2
沙里院級コルベットの兵装は資料によって細かく異なる。これは外見がトラル級コルベットに似ていることや艦によって兵装の種類や位置が異なっていること、改修で艦によって兵装を追加したり撤去したり、という風に統一されておらず混乱が起きているためだと思われる。上記の57ミリ砲の他にも、100ミリ砲搭載艦や80ミリクラスの砲を搭載している艦があるとする資料も存在する。爆雷や対潜ロケットが搭載されていない艦もあり、とにかくばらつきがある。

関連タグ

北朝鮮 朝鮮人民軍海軍 トラル級コルベット コルベット 軍艦

コメント