ピクシブ百科事典

法律が許すならオメーらの命なんてどーでもいいけどさあッ

ほうりつがゆるすならおめーらのいのちなんてどーでもいいけどさあっ

ジョジョリオンのとあるモブキャラの台詞。

概要

元ネタはジョジョリオン15巻。ブルー・ハワイの術中に嵌った少年から逃げようとして定助が道路に飛び出した時に、通りかかった車に轢かれそうになる。その時の運転手の女性の台詞。全文は

ちょっと勘弁してよォッ!!
法律が許すならオメーらの命なんてどーでもいいけどさあッ
あたしに轢き殺させる気ィッ!?

である。とてもモブキャラが主人公に言い放ったとは思えない台詞。状況的に女性に非はないし、文面から察するに法律を守ろうという意識はあるようなのだが...。この台詞のインパクトは凄まじく、今やジョジョリオンで1位2位を争う名台詞となっている。

余談だが、この女性はこのあとブルー・ハワイの術中に嵌って定助を追い掛け回すも、定助には内心「このババアッ」と言われたあげく容赦なくスコップでぶん殴られ、さらには入り込んだ家にいた不良たちに酷い目にあわされたりと作中でもトップクラスで不幸なモブキャラ。

関連タグ

ジョジョリオン ジョジョの奇妙な冒険 東方定助 交通安全
ブルー・ハワイ

関連記事

親記事

ジョジョリオン じょじょりおん

兄弟記事

コメント