ピクシブ百科事典

浅井長政(織田信奈の野望)

あざいながまさ

ここでは『織田信奈の野望』に登場する人物に関して記載する。

概要

CV:斎賀みつき

近江を治める浅井家の若き頭首。幼名猿夜叉丸。年齢は信奈よりは下。
どことなく講談や小説の佐々木小次郎を思わせる容姿をしており、類稀なる美貌の持ち主と名高い。
しかし周囲からの評判はあまり芳しくなく、その美貌と知略を用いて女を吐いて捨てるほど雑に扱っているだの、史実とは逆に信奈の上洛をエサに政略結婚を持ちかけるだの狡く抜け目のない性格の持ち主。原作小説及び漫画版においては、竹中半兵衛を手に入れるために叔父の安藤守就を拉致する暴挙に出ている。
智謀だけではなく、姉川の戦いで織田軍の師団を壊滅させるなど戦闘力はなかなかに高い。

信奈に妹を結婚相手として差し出すよう命じ、信奈の策で女装させられた信澄「お市姫」と結婚してしまう。

関連項目

織田信奈の野望 青髪
浅井久政:父





















以下、ネタバレ注意




















お市と長政


実は長政は女性である
それだけなら本作においては珍しくもなんともない(余りに男性が死に過ぎるため、正妻の長子でありさえすれば女でも関係なく継承者にできる)が、六角家の好色な城主六角義賢から身を守るため男と偽っていた。
信澄には早い段階で互いのとりかえばや状態が露見してしまうものの、すぐに打ち解け偽装結婚から真に愛し合う仲になった。長政にしても、自らの体と心が一致しているがために男装はあまり好んでいなかったようで、気の置けない仲である信澄の前では甘えることができたらしい。

浅井家滅亡後は「お市」の名を信澄から譲られ、織田家に戻ってきた信澄の正室となる。
そしていつしかその愛を胎に宿すこととなるが…?

pixivに投稿された作品 pixivで「浅井長政(織田信奈の野望)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 432

コメント