ピクシブ百科事典

海の古強者は死せず

うみのふるつわものはしせず

――Old Navy Never Die.2度の原爆に耐えた米戦艦「ニューヨーク」に書かれていた落書き。pixivでは「戦艦長門」、もしくはこれをモチーフにしたキャラクターのイラストに付けられる事が多い
目次[非表示]

アメリカ合衆国戦後ビキニ環礁で行った核実験クロスロード作戦』で生き残った米戦艦「ニューヨーク」に書かれていたという逸話。
実験の目的は主に艦船に対する核兵器の威力検証であり、集められた艦艇数は70隻を越える。
なお、その中には、枢軸国から徴収された戦艦「長門」巡洋艦「プリンツ・ユージン」こと「プリンツ・オイゲン」「酒匂」も参加していた。


1946年7月1日

第一(空中爆発)実験エイブル作戦実施。
このときの実験で酒匂は轟沈。
長門及びプリンツ・ユージンはまだ健在。


1946年7月25日

第二(水中爆発)実験ベーカー作戦実施。
実験後、米軍調査隊の見たニューヨークの船体には、このように書かれていたという……
――Old Navy Never Die.(海の古強者は死せず)
その後、ニューヨークは、クェゼリンへと曳航され、残存放射能の調査後、再び標的艦となって沈められたという。

また、この実験の4日後長門が誰にも悟られず7月28日深夜~29日未明に沈んだことから、長門の元艦長夫人は「幾万もの英霊たちが水底をささえているのですよ」というコメントを残している。

真相

実際はクロスロード作戦で標的艦となったが最後まで沈まなかった米戦艦「ニューヨーク」のことを"Old Sailors Never Die"と評したという逸話と、長門が祖国を守りきれなかった贖罪と、敵に討たれるのではなく自決を決めた武士(もののふ)と混同されたものである。他にも生き残っている艦がおり、プリンツ・オイゲンは今でもクェゼリン諸島で座礁している。
もっとも、長門への嫌がらせは相当過酷であったことからその説が真偽の域を出ないにしても、ニューヨークの方が古参で敵艦、しかも状態はニューヨークより長門が劣悪だと考えると……ということである。

現在

長門沈没地点はダイビングスポットとなっている。
放射線の影響のため艦体に触れる事は許可されていない。
だが沈没状態とはいえビッグ7の中で現存しているのは長門だけである。

関連タグ

戦艦長門 クロスロード作戦

pixivに投稿された作品 pixivで「海の古強者は死せず」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 711008

コメント