ピクシブ百科事典

淼渺吏デカラビア

びょうびょうりでからびあ

淼渺吏デカラビアとは、『灼眼のシャナ』の登場人物。

概要

声・吉開清人
真名は“淼渺吏”(びょうびょうり)。意味は「遥か広がる水を操る者」。炎の色は鉄色。

仮装舞踏会に所属する自在師で紅世の王。細長の大魚の姿をしているが、殆どの同胞は姿を見たことがない、もしくは頭部しか見たことがないという。
性格は無感情かつ客観的。加えて合理的に物事を見定めて判断を下す公正さを持つ。故に周囲へ一切気を払わず、無礼な振る舞いも平然と行い、自身の死を作戦に組み込むことも厭わない。

アニメでの声は恐ろしい見かけに似合わず渋いと評判。

関連タグ

灼眼のシャナ 紅世の徒 紅世の王 仮装舞踏会

pixivに投稿された作品 pixivで「淼渺吏デカラビア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3741

コメント