ピクシブ百科事典

清高宗继皇后

しんこうそうけいこうごう

清の乾隆帝の第二皇后。皇后としての称号は剥奪されている。

概要

清朝の第6代皇帝「乾隆帝」の第二皇后
高宗とは乾隆帝の廟号であり「清高宗继皇后」とは「清の乾隆帝の皇后を継いだ」程度の意味しかない。
実姓は烏喇那拉(ウラナラ)または輝發那拉(ホイファナラ)とされている。

1733年に第5代皇帝「雍正帝」の第4子「弘暦」に側室として嫁ぐ。
弘暦が「乾隆帝」として即位してから2年後の1738年に「妃」の位を与えられ「嫻妃」となる。
富察皇后」の死後、皇太后の意向により皇后に立てられた。

1765年、皇帝の江南への行幸に同行するが、途中で北京に戻るように命じられる。
一説には満洲人の禁忌である断髪を行ったことが、皇帝および皇太后への呪詛と見做されたという。
帰京後も侍女を減らされるなど扱いは悪く、正式な廃后には至らなかったが皇后位を廃されたも同然の扱いを受けたとされる。
一年後の1766年に病死するが葬儀の規模も小さく、乾隆帝の裕陵ではなく側室の純恵皇貴妃の園寝に附葬され、諡号すら付けられなかった。

関連記事

親記事

乾隆帝 けんりゅうてい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「清高宗继皇后」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64

コメント